すぐ傍にあるしあわせ
◇「対治」と「同治」  
~恣意的か故意か? 御書解釈にみる「大聖人利用」の過ち。



一般的に、攻め(責め)滅ぼすことを「退治」という。時折この退治と同じ意味で「対治」という漢字を充てる場合もある。
しかし、この「対治」を使う場合、注意が必要だ。 
なぜなら、この「対治」の、ある意味ステップアップである「同治」という言葉の意味を並び比べればそれがわかる。ともに仏教用語だ。

例えば、悲しんでいる人に 『悲しんでも仕方がない。元気を出して』 と言って悲しみから立ち直らすのが「対治」であり、
更に一緒に涙を流すことによって、心の重荷を降ろさせてあげるのが「同治」だ。 
わかるだろうか? 同治は相手と同じ立ち位置に寄り添うものであり、まさに『同苦』と言えよう。

日蓮大聖人が『速(すみやか)に謗法の者を治すべし』と言ったこのケースは、
例えば「三類の強敵」というよりも、邪教で不幸になる人を救って(治して)あげなさい、とういう行動を説いている。
そこには当然、対治と同治を前提にした「治す」が込められている。

大聖人の謗法呵責の御書の中で、厳しく「責め」「攻め」を説く御文もまた多い。
しかしながら、時にそれは「三類の強敵」に対する戦いであると同時に、そこへの誤って帰依する民衆を「救済」する一念であらねばならない。
誤りに気付かず、その結果としての病いや宿命に苦しむ姿に対し、同治(同苦)する姿だ。

まさに、この後者の姿がさきの御文といえよう。だからこそ「治」という言葉を大聖人は使われた。
 『大聖人のご指導は、高度で難解な大哲理から、平仮名しか読めないご婦人に充てられたお手紙まで、変幻自在である。』(戸田先生) 

結論。 いろんなケース、場面において意味があって説かれる御書。 そこを理解して、このたびの「治すべし」を読まねばならない。 
謗法呵責は当然だ。しかしながら、勢い余って「攻めよ!責めよ!戦え!」で何もかもを「一緒くた」に「解説」するのは、正確さを欠いた「大聖人利用」になる。

御書・指導の引用は慎重でありたい。
責任の所在が曖昧なネットブログなら尚更だ。



※「Amebaなう」への投稿より抜粋、編集。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ


※宮部蔵之介・ブログ記事一覧へ。

みやべ蔵之介Twitterもよろしく。


【2017/08/23 04:30】 | ◇人生哲学
|
あー、どうも。宮部です。
うるせぇトリ

まじめにコラム&エッセイ書いています。
一応、自分の言葉で書いています。
数行で終わるような手抜きもしません。
毎回、ひとつ一つ力作です(笑)
文字であふれて、読むのがしんどいとの声もあるかもしれませんが、
私の場合、スマホで読んでもらうことなんて、まるで想定してないので。。。 自己満足です。


さて、表題にある
「スピンオフ」とは---

本来のストーリーから離れた、別視線のものを指します。

ここでは、番組の主題をさておき、
私の気づきを中心に、綴ってみたいと思います。


■こんな企業があったとは…

すべての人にとって幸せな職場とはとは、いったいどういうものなのだろう?
そう考えさせられる、あるドキュメンタリー特集をテレビで視た。

障がい者雇用で素晴らしい実績ががある、ある企業。
さまざまな工夫、取り組みがなされている。
粘り強く、強い信念がないと、とてもじゃないがここまでできない。
経営者のその思いに、言葉では言い表せないぐらいの敬意を表したい。


■Twitterで気持ちを発信

関連するサイトをご紹介したい。



しかし、私の関心はそこは勿論のこと、
ドキュメンタリーの中で登場する、ある健常者従業員さんに目が向いた。





Twitterという短い文章、限られた文字数の中で、言いたいことは「詰め込ん」だ。
あとはデティールにすぎない。

だから、繰り返しになるが、
多くの福祉関連の逸話で、困っている人に対し我々は「救うもの」としてしか見ていないのではないか?
(勿論、私も少なかれハンデキャップを抱え、あるときは助けられ生きている。)

しかし、救う対象としてしか見ていなかった障がい者から、〝彼〟は確かに「救われ」た---。


■社長の葛藤

障がい者を雇用する企業は、なにもこのN社だけではない。
ただ、障がい者雇用の継続は、並大抵の努力でできるものではない。
雇えばよいだけだとか、美談で済むものでもない。
そんな困難な壁にぶち当たるのは、スタッフもさることながら、とうの障がい者ご自身だってそうだ。


N社の社長もかつて、障がい者は福祉施設にいたほうがよいのでは?と思ったこともあったそうな…。

福祉施設は、障がい者さんのために存在する。
だからこそ、100%彼らのことだけを考え、応えてゆける。
しかし職場、とくに健常者中心で世の中の経済活動の真っただ中にいる企業はそうはいかない。
利益を挙げ、ともに生活基盤を支えるために働く場所だから。
そんな現実の差比があるにもかかわらず、
あえて仕事に来るという厳しい現実を選択することが果たして障がい者さんのためになるのだろうか?---
そう葛藤があったという。

でも---

人間というのは、自ら働く事でしか得れない何かがある。
日々働き、得た収入で食べ、住む。
その自分の居場所に存在価値をみいだすことができる。
社長が決断したそのことは、やがて苦難な道を乗り越え結実する。


■スピンオフ  ~ある健常者社員の転機

健常者のAさんは、社内における障がい者さんたちの輪の中で働くポジション。
身分は彼ら(正社員)とは異なり、繁忙期に臨時で募集する有期雇用の派遣社員だ。

それはAさん自らが選んで、あえてそういう働き方を歩んできた。
人と交わることを極端に嫌い、できるだけ距離を置いてそっと生きてゆくことを望んでいたからこそ、
すぐに辞めることのできる有期雇用をあえて選んできた。
この会社に来るにあたって、障が者と共にする環境であることは聞かされていた。
障がい者さんと深い人間関係を築く必要もないと考え、むしろ歓迎だったという。

ところが、障がい者さんたちはいつも、自分たちの輪の仲間に加わってくる人には興味津々…。
いくらAさんが「ひっそりと生きてゆきたい」と願おうとも、人懐っこく寄り添ってくる。
Aさんは最初は戸惑っていた。
これまでの職場であれば、Aさん自身が「近寄りがたい存在」であろうとし、避けていた。
しかしここでは、そんなオーラは通用しなかった。
彼ら障がい者さんたちにとって、そんな壁などまったく関係がなかったのだ。

彼らこそ、壁のない生き方を歩んでいるのだろう---。

このことは、筆者(私)も、ハッとさせられた部分である。

やがて、生き生きと働く彼らに出会い、時間をともにし、職場の共通目標に汗を流し、Aさんは変化してゆく---。
Aさん自身、それに気づいていた。
この職場に出会い、それまでの自分自身がつくっていた壁が消えていた。
そして何より、
Aさんは「救われた」のだと思う。

「ものがたり」のホシは、そこにある。




大根おろし猫
支え合うに、上も下もない。




にほんブログ村

※ブログ記事、一覧へ。

※「Amebaなう」はコチラ。
(日々、更新)

みやべ蔵之介Twitterもよろしく。


【2017/08/20 00:07】 | ◇社会考察・福祉共生
|
コードブルーというドラマが大人気のようです。
おそらく視聴されている方は多いようですので、きちんとした番組紹介は割愛させていただきます。

番組全般にわたって大きなポジション(テーマ)を占めるのはドクターヘリ。
と、つまりは、医師を載せて現場に急行するヘリコプターのことです。

私のような世代にとって、ドクターヘリが導入された経緯に、公明党さんが尽力したという強いイメージがあります。
今では当たり前の存在のドクターヘリ。 頼もしい存在です。
この番組は、そこにある人間ドラマに注目が集まります。




何話か放送され、8/14の放送分では、痛ましいお話があるものの、
突然降り注ぐ困難を乗り越える二人(結婚前提)の姿が描かれています。
その二人に主人公の医師が贈った言葉が光っていました。



お腹の子どもを失ったその〝二人〟は、悲しみのどん底にいました。
互いに自分を責め、その至らなさに、自分がパートナーとしてふさわしいのか自信すら失いかけています。

夫婦の形は、さまざまです。
ただ、「こうなくっちゃいけない」という、重い荷物を取っ払うことで、あたらしいスタートが切れる。
そもそも、「しあわせ」とは何か? そう、藍沢(主人公、医師)は問います。

相手を、「しあわせにする」「しなくちゃいけない」ではなく、共に目の前の困難を乗り越える---
二人でいるからこそ、それができる。

悲しみを乗り越える二人がそこにいました。





ドラマは複数のストーリーを見せてくれています。

ある事故現場、 
同じく、人の命を救うために活躍するレスキュー隊員。
危険と隣り合わせの彼らもまた、時に傷つき、時に医師の手に委ねられることもあります---。

大けがをしたベテラン・レスキュー隊員が病院のベッドに横たわっています。
彼はずっと、隣のベッドで意識の回復がない少年を見つめています。
食事も拒み、ただひたすら祈るように少年の回復を切望する彼に、
医師や看護婦はせめて食事をとるように勧めます。

ある若い医師は、『あなたのせいではない。全ての人を助けることはできない場合もありますよ。』…と。

しかし、彼(レスキュー隊員)は、静かに語ります。

『私たちは、駆けつけるのが遅かったとか、現場が狭かったからだとか、道具が無かっただとか、
一切そんなことは理由にしません。
それを言い訳にすることはないのです。

だからこそ、訓練を受けている。
僅かな望みがある限り、目の前にいる要救助者に全力で向き合うのです。
あなた方(若い新米医師に対して) も、そうするはずです。』

さらに、『どんな危機的状況でも、この人に任せれば大丈夫だと思っていただく。
そんな隊員だからこそ、ああこの人に任せよう---、
そうじゃなけりゃ、誰も任せたいとは思わないですよね。先生も(医師)同じじゃないですか?』

---まさに、これがレスキュー隊員の魂。


(ここ追記)
そういえば、もうひとつ若い研修医がベテランメンバーに釘を刺されていました。

自らの失敗に対し、『次、頑張ります」』 …なんて言葉を発したんですが、
これに対し、

『患者さんに〝次〟は無いのよ。』

これ、つまり 医師が何らかのミスをおかした場合、患者の生死に関わるわけで、
意図も簡単に「次が」なんて生半可な気持ちで言ってはいけない、と。

これも、先のレスキュー隊員も言っていたのですが、
「この機会」に対する全身全霊の取り組みを指すわけです。
だからこそ、その全ての「備え」が、「日々」のなかにある。

さて、これを自らに置き換えて、皆さんはどう感じますか?
 (追記ここまで)





このたび、私の記事で取り上げたいのは、そこ。

世の中にはいろんな職業があって、華やかでカッコイイのもあれば、
陰に徹する重要なものまで、さまざまです。

電車に乗ること一つとってみても、
車両はおろか、レールひとつとっても、日夜どれだけの保安業業務・保全業務に携わる人がいることだろう…。

それぞれに、「絶対大丈夫」を、当然の答えにしている。
事故や危険の芽を摘み、
事故が起こることを未然に防ぐ。
まさに、保全は100点が当然であって、99点ではダメなのです。

営業などでは、売上が何倍でもいい。上には上に越したことはなく、150点でも200点でも大歓迎されるはずです。
でも、保安や保全の仕事には120点は必要ありません。
ただただ、毎日が100点であること---。
そして「何も起こらない事」、それに越したことはないのです。

今、一つの例を挙げました。

私も同様に、 生命に関わる重大な危険の「芽」を、事前に見つけるという仕事です。
自分で言うのも何ですが、備えに関しては厳しい教育訓練を受けています。日々、緊張です。
職業柄、まぁそれなりの性格すら芽生えてまいりますし、良い事ばかりではありません(笑)

私は、前出のレスキュー隊員や医師のように、生命を「救う」立場にはありませんが、
「未然に防ぐ」という立場であり、
その、法令上でおこなう職務上の「過失」(つまり、危険の見落とし)に関しては、責任を問われる立場となります。

ドラマでのセリフではありましたが、
今、あらたに自分の成すべき責任の重さを思うのと同時に、日々怠りなく努めるよう、誓いたいと思います。

---誇りを持って。



とまぁ、カッコいい事を書きましたが(笑)…

もう随分と月日こそ経っていますが、 タネを明かせば、こういう部署に異動になった身。
女房にも苦労をかけています。

でも今は、全てが血肉になって、これがオレの生業だ、とばかりに気負っております。

まぁ、美談でもないし、するつもりもありませんが、
見栄を張ることもなく、世の中の「成功」とは程遠いのかもしれませんが、
ただただ「ひたむき」に…

そして、その陰にある〝ふたりの歴史〟とととに、

その思いで、 これからも夫婦、二人三脚で頑張ってまいります。




にほんブログ村

※ブログ記事、一覧へ。


【2017/08/16 00:01】 | ◇日々徒然
|
◆『一将功成りて万骨枯る』の典型・「インパール作戦」、本当の教訓。  
 ~今夜からのNHKスペシャル(終戦の日・特集)に注目!


今夜(8/12夜)からのNHKスペシャルは、終戦の日も近いので戦争に関する特集が続くよ。 

12日(土)は 「本土空襲  ~全記録」
13日(日)は 「731部隊  ~エリート医学者と人体実験」
14日(月)は 「樺太地上戦  ~終戦後7日間の悲劇」
15(火)は 「戦慄の記録インパール」 (インパール作戦)  

いずれも、お見逃しなく。

とくに15(火)の「インパール作戦」に関するものをご覧いただきたい。
 ※インパール作戦とは?(←クリック)

--- 『一将功成りて万骨枯る その典型がこれだ。

ミャンマー(ビルマ)とインドを結ぶジャングルを、まるで地図上で線を引くような無謀な踏破作戦で、
日本軍10万の大半の犠牲が、飢餓死や戦病死だ。
退却の行程は日本兵の死体で埋め尽くされ、白骨街道と呼ばれた。


この無謀な作戦でのキーマンがいる。牟田口中将だ。
既に戦局は行き詰まり、補給も満足な作戦も立てず精神論だけ。
無謀な作戦の裏に、日本軍上層部の「病理」がある。
前述した『一将功成』の意味を頭に浮かべながら番組をご覧いただきたい。




これを、ただ「悲惨な戦争話」で終わらせてはいけない。
学ぶべきは『一将功成』である。
これはどのような組織、会社等、人の営む世界にあてはめることのできる教訓だ。 

様々な「功」の裏にある犠牲、踏み台---。

「人の不幸の上に幸福(功)を築いてはならない。」
まさに、我が人生の師が語る指導そのものだ。





人の死、犠牲のみならず
大なり、小なり、 俺のおかげ私のおかげ…という空気をかもし出して、自分アピールに余念のない者はいないか?
あるいは、そういう人物に媚び、持ち上げ、自分の居場所の確保や保身に走る者はいないか?

要は現代社会に置き換えれば、 たとえ小さなこと些細なことであっても、
〝インパール〟の系譜はそこにある。

〝教科書〟の棒読み、あるいは感傷に浸るだけでは、「真実の指導」には巡り逢えない。
同じものを読んでいても、見るものは異なる現実。

だからこそ、 「耳」を塞ぐことは避けたいものだと、つくづく思う。




にほんブログ村

※ブログ記事、一覧へ。


※ぜひ、視聴を。
NHKスペシャル『戦慄の記録インパール』 
8月15日(火) 午後7時30分~8時43分


【2017/08/12 00:01】 | ◇論壇・主張
|
◆かつて学会攻撃に暗躍した「乙骨正○」氏の背景に学ぶ。 
 ~今、創価ブロガーの心に潜むその系譜


.............................................................

若い学会員さんには、あまり馴染みのない人物かもしれないですね。
というか、学会が雑誌や新聞、あるいは時の政治家、宗門から総攻撃を受けていた時代すら知らないかもしれない。

学会批判といえば、思いつくのはネットの罵声、あるいは「学会キライ」…そういう身近な友人知人たちの声ぐらいなものでしょうか(笑)

創価学会を脱退し、批判あるいは攻撃に転じる人たちを論じる記述は多々ありますが、
元顧問弁護士・山崎○友、元教学部長・原島○たちの名を挙げることが多いようです。
私のほうからは論じることは差し控えます(笑)

そのかわり…と言っては何ですが、 「乙骨正○」 氏を考えてみたいと思います。



■序章

私を含め(笑)、ネットで信心について エラソウナコト を書いている人は少なくありません。

少しこれには疑問なのですが、
中には、正式な書物・機関誌などがあるにも関わらず、まるで広報気取り、コメントコミュにティを形成し、挙句そこで幹部・指導者気取りで書いているブログもあります。
私的文章はどこまでいって感想・意見の類いですから、誰かを「教導」することがエスカレートすると、極端な話、「自分教」に陥りますので、 こと信心の記述においては慎重に書くことが求められるのではないでしょうか。

ネットは安易な面もあります。手短です。
しかし
「現場の対話」と比べ、取扱いを慎重に分別しましょう。
それでもあえてネットで「伝え続ける」ことに、なんだか妙な使命感をいだいちゃった場合、一度謙虚に指導を受けることも肝要かと思います。
学会は指導主義ですからね(^_^)v

前置きはそのへんにして(笑)、
時折、なんとなー--く感じる「ネット(だけ)活動家」はもとより、
「俺は俺は」型人間の特徴 を、鋭く見極めてゆけることが
本質論からの「ナリスマシ」分析学であると、小生は思うのであります、 コホンッ( ̄ー ̄)

そのうえで、とっておきの 「俺は俺は型人間」 の題材として一考察を。


■乙骨正○、経歴

・昭和43年 : 創価中学入学(1期生!)

・昭和46年 : さまざまな理由から、創価高校に進学を断念し、錦城高校に入学。

・昭和51年 : 2浪し、創価大学入学(6期生)

・1年生、2年生時に、自治会の法学部執行委員長に立候補。 
  『創立者・池田先生の構想実現を~!!!』 …と熱烈に訴えるも、落選。

・昭和53年 : 在学中に、 「正信会」問題を契機に家族とともに脱会。

・昭和53年 :  「正信会」機関紙の継命新聞社にアルバイトとして勤務。

・昭和56年 : 「創価大学第6期生O君」として、共産党機関紙・赤旗に登場。


※以降、面倒なので略(笑)  だらだらと経歴を綴ってもしかたないので。  
 
まぁ、要するにその後は、自ら「発信者」の道を歩み、謀略の中心者となってゆくということです。 


■解説  ~そこから見えるもの

開校したばかりの創価学園に中学1期生として入学するわけですから相当なものです。
学園一期生ともなれば、皆さん学費の工面を含め、並々ならぬ苦労と決意で入学させる親御さん、ご本人さんのエピソードはたくさんの体験談とともに存在しますね。

さてしかし、さまざまな事情から創価高校への進学を断念したことは、彼にとって初めて味わう挫折なのかもしれません。
その後、他高(私立)に進学し、生徒会長に立候補、当選をはたしたそうです。
2浪して創価大学に入学。

入学後、さっそく学生自治会役員に立候補。(1年次、2年次) あえなく落選するわけですが、
そこで気になるのが、その「公約」、スローガンです。
ひじょうに勇ましいもので、『創立者・池田先生の構想実現を!』というもの。
背景の意気込みを考えれば、わからなくもないのですが、しかしここは学生自治会。唐突の感もあるわけです。

もとより、 《誰よりも目立ちたい》、この彼の行動心理を多くの人が感じていたそうです。
自己顕示欲の強さは、相当きつかったようです。
そもそも、そういう日常の言動を知る学友たちから支持を受けられるはずもなく、あえなく落選。 再度、落選。

自己顕示のための「師匠」利用----
そして、そこから発する自分中心に過ぎない訴えを 『認めてもらえなかった』 という逆恨み----
彼の変節の人生、逆恨みの人生が、この挫折に起因したものと思われます。

屈折した彼は、その逆恨みとともに、あろうことか180度反転。 宗門・坊主らに接近します。
そして、ついに1978年12月、学会を脱会。
翌79年4月ころには、彼が学生アルバイト先として勤めた継命新聞社(後に正信会の機関紙)で、(本稿冒頭に出した)Y氏、つまり山○正友と出会います。

そこで、あらゆる謀略体質、いくつもの虚構で作られた学会批判を徹底的に仕込まれたと言えます。
そして2年後、山○正友の手引きで「赤旗」に出没、創大生のコメントと称し、屁理屈だらけの創価大学批判を展開。
彼は、その屈折した自己顕示欲を受け入れられなかった腹いせに母校を売ったのです。
その後彼は継命新聞社にそのまま就職。
やがて編集長になり、のちに我々が名を知ることになる反学会ライター連中と出会い、共闘することになります。


■極悪とたたかう「ホシ」を見誤るなかれ

いわゆる、 「広布反逆者」をネットで語るときには、
ただただケシカランだけでなく、大事な「ホシ」を外してはいけないと思います。

元顧問弁護士だの、元教学部長だの、元副会長だの、元議員だの…

絶対厳禁の「派閥」をつくり、大モノ気取り。
現場に足を運ぶことはおろか、檀上から大言壮語、饒舌だけが目立ち、自ら汗もかかない。
「体裁」にこだわり、見栄っ張り。
自尊心だけは強く、諫言には逆上、とにかく「省みる」ことを知らない---。

あと、何だっけ(笑)
大幹部の二世(子息)だとか、学歴だけ長けて、チヤホヤ。
「甘やかした」といってはそれまでですが、
小さな「親分子分」をつくる間違いをおこす者もいたのでしょうね。 不幸なことです。

おや? 
なんだかネットでそういうの、プンプン臭ってきませんか?(笑)


よく考えれば、
広布反逆の極悪人だのと言っても、
その「」なんて、身近な所に転がっているのです



さて、しかしながら
実は学会は「起こした過ち」に寛大なのです。
幾度も再起の機会をもらえます。
福島源次郎も、不用意な発言で先生を窮地に追いやって、役職(副会長)を退きますが
先生は何度も再起のチャンスを与えます。
しかし、とうの本人にまるで「その気」がない…。
やはり、そこか… との感。

師の慈愛が届かない…
そりゃそうでしょう、「師」とも思っていなかった証左です。
彼らにとって、「師」は自分のための踏み台に過ぎなかったのです。

ほんとうに師の存在を心に持っていたのなら、
自分の体裁など構っていないでしょう。

いませんか? そういう、「恥」を気にする人。

ときに厳しい苦言を言ってくれる友もおらず、
「凄い人」で居続けたい自分---
組織、輪にあって、お山の大将ならぬ、「ちいさな山の大将」にならないようにしたいものです。

人間、やはり身近に苦言を言ってくれる人を持つべきですね。


さてネット。
安易に“満たされる”ネットの居心地に、 やがて「魔」はつけ込むのかも知れません。
いつしか肥大化し、反転しないとは誰もわからないものです。

見破るには、その人のいざというとき、出た発言をご覧いただくとよいと思います。
ほれほれ、思い当たるフシはありませんか?(笑)

ありましたよね?
そう、
何をまもろうとしてるのか?---
何とたたかっているのか?---


「先生の構想」が、 組織維持のちっぽけなものであるはずがありません。


■結び

多くはもうよいでしょう。
炎の如く、にわかに奮い立つ姿も、さぞ勇ましい。
しかし、それを先生はしっかりと見抜き、指導くさだいます。


学会草創期、 人材トップをゆく若き精鋭たちに先生はこう言います。

『この中に将来、退転する人物がいるかもしれないんだよ』
『いいえ、断じて我々は生涯先生とともに…』
『そうか。うん。 しかし、それ程 魔の力は大きいんだよ。』

---先生がおしゃりたいこと、ものすごく重いですね。


さて、あくまで一般論です。
単刀直入に申しますと、本気でネットで広宣流布ができると思う人っているのでしょうか?
その確信があるのかないのか定かではありませんが、
とにかく思う事は、そうであろう方々が、連日のブログ更新ができること自体、不思議で仕方ないのですが…。

よくよく見ると、コピペの乱造。
それを見て称賛の嵐(笑)

おいおい、ネット学会員の皆さん
それほど指導に飢えているのですか?(笑)


今の自分の姿に、酔っているだけではないか? …自問自答の日々でありたいものです。


中之島公会堂
大阪事件・師弟の絆の地、中之島公会堂 (写真:宮部蔵之介)


※初稿、2015年1月15日に期間限定公開。 保存記事より再編集のうえ再公開。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

※ブログ記事、一覧へ。

【2017/07/30 15:15】 | ◇人生哲学
|