すぐ傍にあるしあわせ
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

...................................................................................


■コメント規定 ※2016実施規定

記事コメントは公開/非公開ともに可です。
ただし、コメント欄はご用意してはおりますものの、公開上の返事は「めったに」致しません。 ご容赦ください。

頂いたコメントへの返事が出来ない事も多々ありますが、
ご厚情はしっかり伝わってございます。

ほんとうにありがとうございます。

また、いわゆる コメントコミュニティ」 を使っての集客は狙いません。
満足な対応もできませんし、お互いの負荷にしたくありませんので。




■私へのアクセス、コンタクト 
(コメント、意見、苦情、等)は3種類の方法があります。 


記事末、コメント欄入力 (公開/非公開を選択できます。)
FC2拍手、コメント入力 (公開機能は無く、私からは読めますが返事をおこなう機能もありません。 )
③FC2メッセージ (FC2のIDをお持ちの方限定の「私信」メール機能。)




■お知らせ (適時更新、削除)

※このたび、私のTwitte上に当ブログのURLをリンクしました。
それに伴い当ブログもまた、いくらか現在よりも多くの視線に晒されることでしょう。
それ故、当ブログでこれまでリンクさせて頂いておりました一部のブログ様のURLを除外いたしました。
そのブログ様に対し、何かご迷惑がかかるリスクを回避させるためです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


..............................................................................
ブログトップへ




スポンサーサイト

【2001/01/02 00:00】 | ◇宮部蔵之介へのコンタクト方法・お知らせ等

非公開コメントさま
生蔵
非公開コメントさま、いつもありがとうございます。
また、ご心配をおかけし本当に申しわけありません。

大丈夫です、みんな。
あくまでこれはブログの主張。
そして、生活の周囲はいつもと同じ何事もなく、明るく、そして楽しく頑張っております。

熱が冷めたら(笑)、しばし休んで、
そして今後のブログの在り方なんかを考えたいと思います。

ありがとうございました。



いまり
まずいコメントならば非公開にして下さいね。
私はこう思っていると表明する気持ちもあって、公開にしました。
大河様のブログでのコメントとかぶりますので、お返事は無用ですよ、お気遣いなく。

人間関係も居場所もなくなりませんよ。
もう一度、、、
なくなりません。
居ようと思えばいられますし、誰も貴方様の存在を否定する事は出来ません。
人間関係もいくらでも変わりますし、心ある人とはどうあっても絆は繋がっています。

取り返しのつかない過ちでも犯しましたか?
法律を犯しましたか?
人命に関わる事で間違いをしましたか?

違いますよね。

自警団気取りに負けてどうするのです?
私もどら猫も怒りますよ〜!
と、いいつつ。
生蔵さん、怒らないでね、ごめんなさいね。
失礼な事を言います。

生蔵さんが公明を批判したと言うなら、
某⚪︎田さんも「橋ゲ」と橋下氏を罵った時点で、意見が異なる者を批判しました。
意見が異なる者を批判したと言う一線を引くなら、彼も同じです。

有権者である生蔵さんは、生活における大きな転換になるやも知れない事。
真剣になられるのは当然。
私の様に御託並べていても、実際には痛手も負わない、都合のいい第三者です。
そう。痛手すら負わないんですよ、私は。
生蔵さんとの状況の違いは、これは余りにも大きいと思っています。

生蔵さんは人情に厚く、直感的に「この人は信頼できる人だ」と判断ができる人なのかもと思っています。
幼い子供や野生動物などには、自身の敵が味方かを瞬時に見分ける力があるそうです。
何故か子供や動物に好かれる人とかいますよね?あれは子供や動物が、この人は危害を加えないと判断しているのです。
そういった第六感といいますか、感性といいますか、、、
上手く言葉にはならないですが。

話がズレましたね。
戻します。

生蔵さんは一生懸命で、正直で、不器用な所がとても好感が持てるのだと思います。その人柄に集まる人は現場で多いでしょう?私のカンです、当たらずとも遠からずだと思いますよ?(笑)

ただ落ち込まれてしまうと、とても悲観的になられる様です。
いけませんよ、それはダメです。
だって1人ではないのですから、現場でも、ネットでも。

もう来週には投票日ですね。
賛成派反対派の叩き合いは、正直ウンザリだと思いませんか?
同じ事を思われている有権者の方々もおられるかと思います。

あとはじっくりとご自身の判断をされる。これが大切ですね。賛成派でも反対派でも、考えに考えた上での投票であるなら、私は構わないと思いますよ。




いまり
生蔵さん、お久しぶりです。

お仕事、頑張っておられますね!凄い!
でも暑いので、無茶しないで下さいね。

どら猫も私も、生蔵さんを応援しています。

どら猫はもう創価学会系のブログや、創価カテに対しては、全く興味がなく、まさしく『どうでもいい』状態です。
時間を割いてまで、見る価値はないと思っています。
それでかまわないと思います。
創価学会の活動はネットではありませんから。

ほら、どら猫も『悪党』『⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎の虫』と言われてますし(笑)



そして確認と申しますか、、、お礼です。
今更ですが、、、
蒸し返すと仰る方がいそうですが、今、正誤にこだわっている訳ではないので。

困ったオトモダチの中のお一人が、私とどら猫が学会員かどうか確かめに行くと言われた件、
憶えておられますか?


私は、実際に会ってもあの態度であれば、その人の地区幹部に苦情をいれるつもりでいました。
どら猫はこちらの都道府県長と知り合いですから、上の幹部から、厳重注意をして頂こうと。

ネットで確証が持てないのに、間違いを間違いかも知れないとも思わず、
人を学会員のナリスマシと決めつけ、小馬鹿にして、
バカなんじゃないのとコメント、
その態度でそのまま暴いてやろうとやってくる。
これを笑顔で迎え入れる器は、私にはありませんでした。

⚪︎⚪︎さんとオトモダチの見せしめに、
その人に対して、
ナリスマシなどと集団でイジメを2度とバカな事をしない様に。
やった事を恥ずかしい、みっともない事とわからせる様に。

『現場で』痛い目にあってもらう。

という事をしなくて済みました。
本気でしたよ、あの時は。

生蔵さんにも大河さんにも言いませんでしたが、
これでナリスマシ集団イジメの、決定的なあちらの間違いを晒せるかと思いました。

オトモダチは『学会員じゃないから、会いたくないから無理難題を言うのだ』と仰られていましたが、、、(笑)
あちらがこちらを学会員と信用しない様に、
私も、会いに来た人が嘘を報告するかも知れないと信用しない。この理屈がわからない。

人を信じないのに、
人から信じられる筈はないんですよね。
お互いに。
つまりは信用しない者同士であるのに、自分が信用に足る者だと思っているんですよね。
滑稽ですね。

でも、いくら正しい主張でも、してはいけない事はしたらダメですよね。
本当に情けないですが、当時、しようと思う位に、⚪︎⚪︎さんとオトモダチのやった事に怒りを持っておりました。怒り心頭どころではなかったです。


ナリスマシ集団イジメのアレは、
創価学会員としてはあるまじきやり方、底辺のやり方だと、今でも私は思います。
けれども正しい事を主張するのに、私自身がやり方を間違えるところでした。


ところが、会う話が急に収まりましたよね。
行かないと言う事になりました。
突然の心変わりですよね?
暴きたいなら、会うための条件譲歩の交渉をすればよい事ですが、それもなかった。

生蔵さんが間に入られたからですよね?違いますか?
その人を説得されたのですよね?
あの時、何も仰いませんでしたが、、、

⚪︎⚪︎さんやオトモダチではないですよね。会うのを諦める様に説得したのは。
(オトモダチは、会う条件に文句をつけておられたから、会うのを前提ですよね。お一人だけ会うのは意味はないと仰る方がおられましたが、、、その方とは違うと思いましたので)

そうすると生蔵さんが説得されたとしか考えられませんので、、、

ありがとうございます。本当に感謝しております。

私が怨嫉を抱いたのはいけないのです。けれど実際に行動に起こさせずに、止めて下さいました。


水面下でどんな話をされたかはわかりませんが、感謝している者が、ここにいる事も忘れないで下さい。


生蔵さんを悪党と仰られた人、
現場の人の事を天敵と言っていたと暴露?されてましたが、、、
どうなのでしょうね。

実際、1番してはならない事ですからね。
リアルで現場の人の陰口を言う事。
集団に所属するなら、言わないのが鉄則です。

悪口も陰口も嘘も、いけません。
勿論、嘘つきは悪党で、悪口を言う人はそうでないのもおかしいです。

人生には失敗もあり、言ってしまう間違いもあり。
そして注意され、批判もされる。
みんなそうですよ。


そんな中で、
ここぞという場で動ける人は立派です。
動くと言っても、
ここぞと言う場で、悪口扇動は違いますよ(笑)

どなたかに(笑)悪党と言われたなら、
私が生蔵さんは立派です、と言います。

ここぞと言う時に動いておられる。
生蔵さんは立派です。



蛇足です。
⚪︎⚪︎さんも悪い人ではないと思いますよ。
いい面も悪い面もありますよ。

お互いが乗り越えなければならない壁なんだと思います。
どう向き合うのかも、おわかりですよね、私が言わずとも。
よくよくわかっておられるのに、出しゃばりました。

長々と失礼しました。





コメントを閉じる▲