すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い記事のようですが、こんな記事がありました。
【給食の牛乳廃止!「ご飯と合わない。和食の文化壊す」新潟・三条市】

報道され以後、賛否が相次ぐようです。
私が小学生のころはパンの給食が主体で、牛乳があるのが自然体でした。
ごはん食はいいですね。うらやましいです。
ごはん食に牛乳、確かにごはん食に合いませんね。

ごはん食の給食で、カルシウムの不足を補う工夫がそんなに負担とは思いません。
ひじきなど、いろんなメニューで工夫すれば可能ですよね。
でも、カルシウム摂取に「手っ取り早いから」 という理由の牛乳必要論なら、いささか手抜きで安直な発想です。

牛乳廃止に待った---
酪農が盛んな北海道で、これ。
なるほど、
やはり消費経済の側面に思わず苦笑いしました。
牛乳の産地にとっては
「地元で生産されたものを地元で消費する」という「地産地消」は重要な問題なのです。


一方、昨今、朝食を欠かす子供も増えましたね。 あまり感心しません。
でも、こればかりは家庭の裁量なので、善悪を言うだけしかできずじまいです。

それでも、 「朝食を欠かす子がいる」 という現実に立ち、
その牛乳文化 (があるのか知らない) をこれに活用したいものです。


----というわけで、
生徒(児童)の登校のあと、
一時限目の前(ホームルーム)に
朝食補完として牛乳を飲む
 というのはいかがでしょうか?

学校給食牛乳

何かのセット(パン、ごはん)だとかは関係なく、 牛乳だけを飲むことぐらいどうってことはないでしょう。
しかも、朝に牛乳は合う。 これこそ自然体です。

肝心な予算。
そもそも、もともと牛乳の経費は計上しているわけですから、
飲むタイミングさえ工夫すれば、このように新たな価値観も生まれます。
これは先の賛否のどちら側にも利があると思うのです。


拙い意見でお恥ずかしいかぎりですが…

現状だけの右か?左か?の発想(アイデア)だけではなく、 
《プラスアルファの価値観》 が、世の中のいろんな問題の「突破口」になるのかもしれませんね。





スポンサーサイト

【2015/10/22 00:01】 | ◇カイゼン提案
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。