すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は家族で、嫁方の甥っ子の結婚式に行ってまいりました。
なかなかよい雰囲気の結婚式場でした。 式は式場内のチャペル。
披露宴も最近は随分とライト?な空気で、若い人(新郎新婦の友人たち)の弾けようには圧倒されました。
なんだか二次会のような演出もあり、大勢の友人に囲まれ祝福される姿はいいものですね。

私ども夫婦が一緒になったころは貧乏で、…とはいっても二人とも真面目に働いてはおりましたが諸事情で余裕はありませんでした。
それで、式らしい式は挙げておりませんので、正直なところ結婚式や披露宴、あるいは結納や仲人さん、といった
一連のながれが、体験的にはよくわからずじまいです。
ですので、いずれうちの娘が嫁ぐとき、何がしてやれるのかな?なんて、ちょっと「花嫁の父」目線で今日の披露宴を見ていた部分もあります。

ちょうど私の席から新婦のお父さんが視界にあり、否応なく顔色が見えてきます。
終始、浮かぬ顔…といっては失礼ですが、大事な娘を嫁がせる側としては、やはり心中穏やかではないようです。
なんだか私はこちらばかりが気になってしようがありません(笑)
ついつい、「いつか」の想像です。

娘は?というと、初めての(いとこの)披露宴ということもあり、興味津々…と思いきや、
父親(私)の心配?をよそに、デザートに夢中な姿を見ると、
やはり、あぁ「うちの子だねぇ」と、ちょっとほっとしました(笑)

とはいえ、私も新郎新婦の生い立ちを紹介する感動的なスライドに、
我が子の生まれてこれまでの色んなことが思い出されてきて、不覚にもウルウルきたわけです。
あんなこと、こんなこと、小さな出来事でも宝がいっぱい詰まった写真を思い浮かべました。

早いもので、ちょっとおとなの入り口に来たかのような我が子ですが、
「親にとってはいつまでも子供です」といった新婦の父の言葉に「うんうん」と頷けました。
そして宴を楽しんでいる様子の我が子に視線を移し、
これまでもそうですが、これからの、ほんの小さな出来事も、大切な大切な一コマになってゆくんだなぁ、と思いました。

新郎新婦が両親に向かって「ありがとう」。
たくさん、たくさん言っていました。
でもね、今の私が思い浮かんだ言葉は、「○○○(娘の名)ちゃん、ありがと。」
ええ、言葉には出せませんけど(笑)

いろんなことがまだまだ多くて、私も弱気になったりするけど
君たち(娘と嫁)がいるから頑張れる。
きっと明日も明後日も。

あっ、そうだ!
きっと毎日って、その「宝さがし」なのですね。




★以下のバナーをクリックしていただくと、拙ランキングポイントが加点され、ブログ村ランキングに移動します。
いつもクリックしてくださり、ありがとうございます。 

【にほんブログ村】へのご投票はコチラ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
ブログランキング・にほんブログ村へ


【人気ブログランキング】へのご投票はコチラ



スポンサーサイト

【2014/07/13 00:12】 | ◇日々徒然
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。