FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇お客だけど「ありがとう」を言う大阪人、言わない東京人。

東西比較ネタは鉄板ネタですね。
いつも自らの大阪人気質を意識しながらいるオレなんですが、実は以外に「へぇ~」と思ったのが表題の件。
それほど当たり前に思っていました。
ふつうに「ありがと」って言わないか?言いますよね?(笑)

たとえば今、コンビニの挽きたてカップコーヒー、100円で大人気。
大手3チェーンそれぞれに特徴ある味です。よく買います。
その中で唯一、店員さんが入れてくれるのがローソン。(大阪だけかな?)
オレはどっちかというと、自分で入れたい派で、ローソンのソレはちょっと気遣ってしまいます。
コーヒーだけで購入する場合、100円でそこまで店員の手を煩わすのが気の毒で仕方ないのです。
ヘンですかね?(笑)
とくに、たくさんのお客さんで忙しく混んでいるとき、むちゃくちゃ気を遣います。
なにもそこまで思わなくていいでしょうが、思ってしまうものは仕方ない。
大阪弁で言うなら、「気ぃ遣ィい」なオレ。

そんなローソンで、コーヒーを手渡されたとき、オレは自然に「ありがとー」が口から出る。
それが「おかしい」んだそうな、東京の人は。。。。
それもサービスとして当然であって、お客の側からの「ありがとう」が、不思議に映るんだそうです。

もう一度言いますが、これ、フツーでしょ?(笑)
お礼、人間として自然でしょうに。
東京の人は、「私は客だ!」って感覚が強いのか、
買う側と売る側の「線引き」を、大阪以上に重んじるんでしょうね。なんだかねぇ。。。



ところで、商人(あきんど)の街・大阪。
その、古くからの大阪商人は、とくに船場(せんば)を中心とした「船場商人」と呼ばれます。
その神髄たるや、まさに「売らせていただく」であり、
船場の商いとは、「もうけ」だけに走るのではなく、売るほう買うほう互いに「メリットがあること」が大前提なのです。

よく大阪に対する「ステレオタイプ」のイメージでは、ガツガツしたカネに汚いといったものがあります。
それは武士の町・江戸(東京)からは真逆な、商人の町・大阪といった対極の文化があり、とくに武士にとっては、「商いは武士のやることではない」といったプライドのようなものがあるそうです。
お金を稼ぐことに対する嫌悪があるのは仕方ないことだと思いますが、それにしても大阪のソレは、東京人の思うものとは大きくかけ離れた「船場商人」の真実があるのです。

少し脱線したように思われるかもしれませんが、これらはたとえ商人でなくとも大阪に住む人の心に根付いている何かが、前述の「お客(買う側)も、ありがとうを言う」という文化が自然と身についているのですね。
必ずしも全ての大阪の人がこういうスタンスというわけではありませんが、統計的に東西比較した場合に顕著にその数字が物語っているようです。

そんな大阪も、東京同様に「地方からの流入」も増え、そうした大阪らしさが薄くなるようでは悲しいものですが、まだまだしっかり健在のようです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

興味深く拝見させていただきました

>東京の人は、「私は客だ!」って感覚が強いのか・・

たしかに関西では普通にお礼をいう方多いですね。
東側にSNSを使って本部に文句タレている方が多いと感じるのは
この発想が元になっているのではないかと気づかせていただきました。
Information

南部(みなべ)蔵之介

Author:南部(みなべ)蔵之介
昭和生まれ、父、夫、勤労者、
平凡な大阪人のオッサンです。


※ご訪問いただき、いつもありがとうございます。
コメントフリーですが、頂いたコメントは公開/非公開ともに、基本的にめったにお返事はできません。
しかし必ず目を通しております。ありがとうございます。

ちなみに、当ブログではアクセス解析など一切やっておりませんので、ご安心の上お楽しみください。


*Amebaブログもあります。
とくにこちらは「ゆるい」です。(URLはリンク欄にてクリック)
よければどうそ。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。