すぐ傍にあるしあわせ
あー、どうも。宮部です。
うるせぇトリ

まじめにコラム&エッセイ書いています。
一応、自分の言葉で書いています。
数行で終わるような手抜きもしません。
毎回、ひとつ一つ力作です(笑)
文字であふれて、読むのがしんどいとの声もあるかもしれませんが、
私の場合、スマホで読んでもらうことなんて、まるで想定してないので。。。 自己満足です。


さて、表題にある
「スピンオフ」とは---

本来のストーリーから離れた、別視線のものを指します。

ここでは、番組の主題をさておき、
私の気づきを中心に、綴ってみたいと思います。


■こんな企業があったとは…

すべての人にとって幸せな職場とはとは、いったいどういうものなのだろう?
そう考えさせられる、あるドキュメンタリー特集をテレビで視た。

障がい者雇用で素晴らしい実績ががある、ある企業。
さまざまな工夫、取り組みがなされている。
粘り強く、強い信念がないと、とてもじゃないがここまでできない。
経営者のその思いに、言葉では言い表せないぐらいの敬意を表したい。


■Twitterで気持ちを発信

関連するサイトをご紹介したい。



しかし、私の関心はそこは勿論のこと、
ドキュメンタリーの中で登場する、ある健常者従業員さんに目が向いた。





Twitterという短い文章、限られた文字数の中で、言いたいことは「詰め込ん」だ。
あとはデティールにすぎない。

だから、繰り返しになるが、
多くの福祉関連の逸話で、困っている人に対し我々は「救うもの」としてしか見ていないのではないか?
(勿論、私も少なかれハンデキャップを抱え、あるときは助けられ生きている。)

しかし、救う対象としてしか見ていなかった障がい者から、〝彼〟は確かに「救われ」た---。


■社長の葛藤

障がい者を雇用する企業は、なにもこのN社だけではない。
ただ、障がい者雇用の継続は、並大抵の努力でできるものではない。
雇えばよいだけだとか、美談で済むものでもない。
そんな困難な壁にぶち当たるのは、スタッフもさることながら、とうの障がい者ご自身だってそうだ。


N社の社長もかつて、障がい者は福祉施設にいたほうがよいのでは?と思ったこともあったそうな…。

福祉施設は、障がい者さんのために存在する。
だからこそ、100%彼らのことだけを考え、応えてゆける。
しかし職場、とくに健常者中心で世の中の経済活動の真っただ中にいる企業はそうはいかない。
利益を挙げ、ともに生活基盤を支えるために働く場所だから。
そんな現実の差比があるにもかかわらず、
あえて仕事に来るという厳しい現実を選択することが果たして障がい者さんのためになるのだろうか?---
そう葛藤があったという。

でも---

人間というのは、自ら働く事でしか得れない何かがある。
日々働き、得た収入で食べ、住む。
その自分の居場所に存在価値をみいだすことができる。
社長が決断したそのことは、やがて苦難な道を乗り越え結実する。


■スピンオフ  ~ある健常者社員の転機

健常者のAさんは、社内における障がい者さんたちの輪の中で働くポジション。
身分は彼ら(正社員)とは異なり、繁忙期に臨時で募集する有期雇用の派遣社員だ。

それはAさん自らが選んで、あえてそういう働き方を歩んできた。
人と交わることを極端に嫌い、できるだけ距離を置いてそっと生きてゆくことを望んでいたからこそ、
すぐに辞めることのできる有期雇用をあえて選んできた。
この会社に来るにあたって、障が者と共にする環境であることは聞かされていた。
障がい者さんと深い人間関係を築く必要もないと考え、むしろ歓迎だったという。

ところが、障がい者さんたちはいつも、自分たちの輪の仲間に加わってくる人には興味津々…。
いくらAさんが「ひっそりと生きてゆきたい」と願おうとも、人懐っこく寄り添ってくる。
Aさんは最初は戸惑っていた。
これまでの職場であれば、Aさん自身が「近寄りがたい存在」であろうとし、避けていた。
しかしここでは、そんなオーラは通用しなかった。
彼ら障がい者さんたちにとって、そんな壁などまったく関係がなかったのだ。

彼らこそ、壁のない生き方を歩んでいるのだろう---。

このことは、筆者(私)も、ハッとさせられた部分である。

やがて、生き生きと働く彼らに出会い、時間をともにし、職場の共通目標に汗を流し、Aさんは変化してゆく---。
Aさん自身、それに気づいていた。
この職場に出会い、それまでの自分自身がつくっていた壁が消えていた。
そして何より、
Aさんは「救われた」のだと思う。

「ものがたり」のホシは、そこにある。




大根おろし猫
支え合うに、上も下もない。




にほんブログ村

※ブログ記事、一覧へ。

※「Amebaなう」はコチラ。
(日々、更新)

みやべ蔵之介Twitterもよろしく。

スポンサーサイト

【2017/08/20 00:07】 | ◇社会考察・福祉共生
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可