すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このあいだ月食がありましたね。
これまで何度か観ましたから、とくにお~っといった感想はないのですが
ちょうど帰宅時間と重なり、観ることができました。

乗り換えの駅で、なにやら人だかり。
50人ぐらいでしょうか、皆おなじ方向へ体と顔を向けていました。
スマホや携帯電話のカメラ覗き込んだり、ちょっと興奮模様さえありました。
最初、何が起こっているのかわからないので、
この場所の名物、ストリート(ミュージシャンや大道芸人)か、政治演説かな?と思いました。
見上げると月。

「ああ、そういえば月食だっけ」

乗り換え電車に乗り、家に着くと
家族もまた「観てたよー」って。

よく考えれば、家族もさることながら、
広範囲で、これほど多くの人たちが同じ「一点みつめ」をしていたんでしょうから、
この瞬間のめぐりあわせに、感慨深く思いました。
さぞ、お月さまも多くの人にみつめられ、 「恥ずかしい~」と思ったかもしれませんね(^◇^)

宇宙規模の出来事--- (´▽`)
小さな存在の私たちですが、ほんの一時(ひととき)ですが、
自分たちが、同じ地球、同じ大地にともに生きていることを実感しました。


地球上では、
戦争、絶えない争い事。 
ニュースを見て、悲しくなりますね。
世界中でひとつの月を見ているのですが…。


争いのもと---

その「許せない基準」っていったい何?
そこに、 その人たち“だけ”の主義主張(=基準)があるのですね?

私がそこで、“だけ” と強調したのは、
他者への思い、他者の中の自分(たち)を、お忘れだと思ったからです。

同じ月が見える地球。
場所や、満ち欠けは異なっても、紛れもなく同じ月です。

暗闇であればあるほど、月は存在感を増し、そして我々を照らし、導きます。
感謝と、時に愛おしく、
なくてはならない存在なのです。


さて、そんな月食の日。 地元の駅に降り立った私。
駅前に夜空を見上げるお爺さん。 

「ああ、ここでも」(;^ω^)
なんだか、ニッコリ。

私 「どうでっか?見えますかー」
爺 「生まれて初めてやー。死ぬまでに一度は見とかなアカンしな」
私 「ほぅ(笑) 結構何度も(月食は)見えまっさかい、またチャンスおまっせ」
爺 「生きてたらいろいろ出くわすわなぁ」 「今、災害とか多いしな」
私 「そうでんなぁ」

爺 「わし、“空襲”知らんねん」  (←いきなり)
私 「おとーさん、戦後(生まれ)?」 (まさかと思いつつ)
爺 「いやいや、わし大正(生まれ)や」 「シナに兵隊に行っとった。そやさかい、空襲は知らん。」 
   (シナ=中国。 戦争当時の呼び名)
爺 「抑留もされとったんで、日本に帰ったんは(昭和)23年や」
私 「抑留…でっか。 ご苦労あったんでんな。よう帰りはったでんな、ご無事でよかった。」
私 「で、抑留って、やっぱシベリアですわな?」
爺 「いや、中央アジアや」
私 「へぇ、シベリア以外にもあったんですか」
爺 「そや」

・・・と、まぁ10分ほど続いた。 初対面であるが(笑)

私 「ほな、お達者で」 (時代劇か!笑)


脱線気味の話ですが、意味はあります(笑)

抑留で中央アジア…知りませんでした。
意外と知らないこと、でしたね。
お爺さんに会うことで、知ることができました。(ありがとうございます)
月食のおかげです(笑)

お爺さん、実は最後にこう結んでいました。

「(大事なのは)教育や。 情報や。」
「情報を閉ざされ、信じ込まされて、鵜呑みにして・・・そんな教育が(あの頃)世の中をオカシクしたんや」
「イケイケ、ドンドン。 勇ましいわな?  せやけど、なんかオカシイのとちゃうか? そう疑わなアカン」
「そやから、教育が大事なんや」

まったくです。

月を見て地球を想う…、なんだかこの日は、すっかりガラにもなく「世界平和」を考える日になりました(;^ω^)
そう意識したら、ちゃんと帰宅したフツーの夕飯が、すっごく大切なものだとあらためて思った次第です。

あ、スケールちゃっちゃー(小さい)。
ま、いいか。


ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト

【2014/10/13 00:11】 | ◇日々徒然
|


チャトラ
こんにちは。
お爺さんとのエピソード、とても心に沁みます。

現在も、中東、ウクライナ、アフリカ等々、紛争が絶えませんね。
軍事では根本的解決にならない。歴史が物語っているのに。
いつも犠牲になり、苦しむのは誰なのか。心が痛みます。

国内を見れば、「○○は、日本の領土だ」「自虐史観は間違いだ」等々。
そういった教育が重要と訴えている偉い方がいたようで心配です。

一方、今朝の一面にありましたね。
「平和の文化と非暴力」会議 「人間の絆強める教育の潮流を」

平和の連帯を築いていきたいですね。

> あ、スケールちゃっちゃー(小さい)。

いえいえ、世界平和といっても、まずは足元からですね。

-------------------------------
そうそう、イーグルスは、オリックスとご縁がありますからね。
岩隈の活躍ぶりは、本当に嬉しいですね。それに励みになります。
岩隈は、オフに宮城こども病院(小児高度専門医療施設)を慰問に訪れていました。
そして、メジャー移籍後も訪れてくれています。頭が下がります。
ところで、CS、初戦でどうなることかと心配でしたが、まずは一安心でしょうか。
実は、レギュラーシーズン終了で、パはオリックス、セはカープに切り替えてました。
カープはだめでしたが、オリックスにはてっぺん取ってほしいですね(^^)v

台風の影響、大丈夫ですか?
勢力もかなり強いよいままのようです。
どうかくれぐれもお気を付けください。


イクゾー
チャトラさま、コメントありがとうございます。

台風も近づき、事前にもよりの交通アクセス(JR)は運行休止となり、
とうとうCS第3戦も延期になりました。
ご心配ありがとうございます。

ここのところ、自然災害の猛威が頻発しております。
リスクマネジメントや人々助け合う心がみんなの意識を深めました。
世界に向け、それらを発信するメッセージもまた、
多くの影響を与えるソフトパワーとなってゆくことを願ってやみません。

先ずは「町内会」から(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。


追伸、

昨今「都市型水害」というのがございまして、
河川の氾濫もさることながら、
雨水の増大から下水道の排水処理が追い付かず「洪水」となるケースがあります。
我が家の前の道も、ここ数年、何度か「川」になったことがあります。
兆候といたしましては、
洗面所などで「ゴボゴボ」っと異変を感じさせる音が鳴ります。
排水がもう限界に近づいているのでしょう。
そうなると、水洗トイレは使うと悲惨です(笑)

山間部の「沢」の異変察知の重要性をよく聞きますが、
常に「心にアンテナ」を立ててゆくことが重要になりますね。





感激しました。
村上 好
イクゾー さん

このブログを読んで感激しました。
実にさわやかな気持ちになりました。

<地球上では、
戦争、絶えない争い事。 
ニュースを見て、悲しくなりますね。
世界中でひとつの月を見ているのですが…>

深いですねぇ。

お爺さんとの会話は読みごたえがあります。

いいブログをありがとうございます。

村上 好

http://murakami.muragon.com/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
お爺さんとのエピソード、とても心に沁みます。

現在も、中東、ウクライナ、アフリカ等々、紛争が絶えませんね。
軍事では根本的解決にならない。歴史が物語っているのに。
いつも犠牲になり、苦しむのは誰なのか。心が痛みます。

国内を見れば、「○○は、日本の領土だ」「自虐史観は間違いだ」等々。
そういった教育が重要と訴えている偉い方がいたようで心配です。

一方、今朝の一面にありましたね。
「平和の文化と非暴力」会議 「人間の絆強める教育の潮流を」

平和の連帯を築いていきたいですね。

> あ、スケールちゃっちゃー(小さい)。

いえいえ、世界平和といっても、まずは足元からですね。

-------------------------------
そうそう、イーグルスは、オリックスとご縁がありますからね。
岩隈の活躍ぶりは、本当に嬉しいですね。それに励みになります。
岩隈は、オフに宮城こども病院(小児高度専門医療施設)を慰問に訪れていました。
そして、メジャー移籍後も訪れてくれています。頭が下がります。
ところで、CS、初戦でどうなることかと心配でしたが、まずは一安心でしょうか。
実は、レギュラーシーズン終了で、パはオリックス、セはカープに切り替えてました。
カープはだめでしたが、オリックスにはてっぺん取ってほしいですね(^^)v

台風の影響、大丈夫ですか?
勢力もかなり強いよいままのようです。
どうかくれぐれもお気を付けください。
2014/10/13(Mon) 17:40 | URL  | チャトラ #1n9Tsjm2[ 編集]
チャトラさま、コメントありがとうございます。

台風も近づき、事前にもよりの交通アクセス(JR)は運行休止となり、
とうとうCS第3戦も延期になりました。
ご心配ありがとうございます。

ここのところ、自然災害の猛威が頻発しております。
リスクマネジメントや人々助け合う心がみんなの意識を深めました。
世界に向け、それらを発信するメッセージもまた、
多くの影響を与えるソフトパワーとなってゆくことを願ってやみません。

先ずは「町内会」から(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。


追伸、

昨今「都市型水害」というのがございまして、
河川の氾濫もさることながら、
雨水の増大から下水道の排水処理が追い付かず「洪水」となるケースがあります。
我が家の前の道も、ここ数年、何度か「川」になったことがあります。
兆候といたしましては、
洗面所などで「ゴボゴボ」っと異変を感じさせる音が鳴ります。
排水がもう限界に近づいているのでしょう。
そうなると、水洗トイレは使うと悲惨です(笑)

山間部の「沢」の異変察知の重要性をよく聞きますが、
常に「心にアンテナ」を立ててゆくことが重要になりますね。



2014/10/13(Mon) 18:39 | URL  | イクゾー #ax4px7aw[ 編集]
感激しました。
イクゾー さん

このブログを読んで感激しました。
実にさわやかな気持ちになりました。

<地球上では、
戦争、絶えない争い事。 
ニュースを見て、悲しくなりますね。
世界中でひとつの月を見ているのですが…>

深いですねぇ。

お爺さんとの会話は読みごたえがあります。

いいブログをありがとうございます。

村上 好

http://murakami.muragon.com/
2014/10/21(Tue) 10:13 | URL  | 村上 好 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。