すぐ傍にあるしあわせ
何気ない感想とともに綴ります。


私の住む街は、大阪市内の住宅/商業の混在地です。
家の周りは一戸建ての多い住宅地ですが、少し行くと国道と商店の並ぶ下町です。

通勤駅までの道に、国道があります。
その、早朝の道の「顔」も、30分刻みで随分と変わるものです。


5:00 物流トラックが多いですね。 人はまばら、たまにランニングの人が。

5:30 通勤の人がチラホラ。 
魚屋さんや、八百屋さんは店先で準備をしています。早いですね。

6:00 だんだんと人っ気が多くなります。 店先のお掃除も。
電気やガス検針のおばちゃんもいますね。

6:30 もう学生さんや、通勤の人が多く見えます。

7:00 バンやワゴンがよく走っていますね。職人さんたちが現場へ向かっています。

7:30 支援学校のバス待ちの親子がチラホラ。 今日も皆さん元気そうです(^◇^)
お母さんに連れられた、あるお嬢ちゃん (たぶん、ダウン症かな?) 
めちゃニコニコ、 めちゃカワイイ!  私、「行ってらっしゃーい」と手を振りました。

8:00 もう自転車の学生さんがいっぱい。みんな「エンジン」がかかっています。


私はこの時間レンジの中で通勤(家を出る)わけですが、
その時間帯によって「街の顔」の変化が、とても面白いですね。


KIMG0251.jpg
街角で。



-----さて、
そんな表情の我が街をでて、

私は、とある私鉄を使って移動していました。


実は、通勤時間帯に幼児連れの母子が電車に乗っていることは珍しく、
私はたまたま、その親子の前に立って乗っていました。
たぶん、1~2歳ぐらいかな? 小さなパンを食べていました。

いつものように、
私は「ニコニコ・ビーム」を発射!  (不審なオッサンだな、こりゃ・笑)
目が合ったとき、お子はハニカンデいます。 (そりゃそうだろな)

食べ終わった頃、駅に着きます。
親子が立ち上がったとき、若干まだ電車が動いています。

「あ、」
お子が少しよろけ、床に手を付きました。
私はとっさに起こし抱える手が出ました。
すると、
お子は私の手を握ってきました。

ああ、ママかパパと間違えたのかな?
ママさんが、笑いながら 「あ、間違ったのー」って(笑)
ニコリとしながら軽く会釈。
私もニコリ。

たぶん、だけど
子どものいる「パパ」って、それなりのオーラがあるんだって、
うちの嫁さんも言ってたっけ。


微笑ましい一コマが、
朝の私の 「栄養ドリンク」… いや、「100%天然果汁ジュース」となってくれました。

なんか、幼い頃の娘を思い出しました。
カワイイなぁ。。。


わが子が学生になり、
「子育て」も ひと段落した感もあって、
なんだか、無性に「懐かしい」わけです。





ふぅ~、
仕事を終えて家路につき、
また何気ない我が家の日常のひとコマがそこにあります。

懐かしい幼い頃の、我が子の姿を思い出していたそのアタマん中を、切り替えできずにいた私。
家に着くなり、
娘を見て一言。

『 あ、 でか。 』 (大きい)


※べつに太っているわけではありません。
彼女の名誉のために言っておきます(笑)




にほんブログ村


(11.18予約投稿)

スポンサーサイト

【2016/11/18 11:18】 | ◇日々徒然
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可