すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かで平凡でごくありふれた出来事を大切にしたいと思います…。
こう、私のブログ説明文にございます。

なぜそう思ったのか。

平凡であれ、未来があれば
たとえどんなに道が困難であれ、希望を描くことができるからです。


子供が巻き込まれる悲しい出来事がニュースで流れています。
失うものの大きさを思うと、言葉では言い尽くせない深い悲しみが宿ります。

生きていさえいれば…
そうです、何でもできる。
生き続けることは、たとえどんなことを背負っていても、
未来を描くことが可能なのです。

未来があることは「希望」が生まれます。
未来を潰してはいけません。


子育てしかり。
叱りつけることもあるでしょう。
でも、非を責め立てることだけではダメなことぐらい、
子育て経験がる人ならよくお分りだとは思いますが、
何のために叱るかを考えたとき、
「その先」を見据えたものだとわかります。

誰のために「叱った」のでしょうか?
叱る側(親)の基本的な立ち位置が見えるはずです。
子供を「潰す」ためでしょうか?
あり得ませんね?
 

 未来をつくる。
  希望を与える。


親が子を叱るということは、
そういうことだと理解しなくてはいけませんよね。
同様に、
こういう視点に置き換えていかなくてはいけないことは多々あると思います。


私がここで、親子の関係、親子の絆を引き合いに出したのは、何故だと思われますか?
無償の愛があるからです。

「気に入らないから潰してしまえ」
そんな修羅にまみれる世界があふれています。
押し付ける価値観、押し合う価値観は、一応は互いの「正義」でしょう。

ですが、争いの果てに「相手が壊れてもいい」もしくは、
「壊れるかも」が伴ってしまうようなアプローチを選択することは、
「親子」にはけっしてありません。
あってはなりません。

ここをお手本にしませんか。



未来をつくる。
 希望を与える。

この、親子・家族の絆の如くスタンスなき正義など、
所詮は相手を潰す修羅でしかないのかもしれませんね。

人類が今、欲している哲学の姿が見えます。
 
私はそれこそが希望の哲学であると、信じてやまない。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト

【2014/09/26 05:00】 | ◇日々徒然
|


potato
こんにちわ。
potatoです
未来ある子供の悲惨な事件、胸がつぶれる思いです。


いつも拝見してました。
特にイクゾーさんの家族を愛するおもい、私も同じおもいです。


折に触れ自分の子供たちにする話は、
いじめとかの問題には、

「みんな誰にでも親はいる。
いじめられている子供が自分の子どもだったらどんなに悲しむか・・・
それを考えたら絶対にいじめはだめだよ」
と小さい時から話しています。
家族を慈しむ思いが
周りの人にも波及する世の中にしていきたいです


平凡な日々・・・を生きるためにみんな必死で生きている。
吉田山田の「日々」 いい歌ですね。
思わず涙・・・・・

また、コメントさせてください

最近の悩み
友より
ま、何処の家でもそうでしょうが、我が家には暗黙の序列が存在します。
1位は嫁
同率2位が長女、次女。
私はナンバー4
あるいは、時により義母のあと、、、、、

つまり、3個パックの納豆が、いつまでたっても
まわってこないのです。。。。。。。。。
すいません。KYなコメントでした。

隣で嫁が、「おだまり!」といってます。
では、このへんで。


報恩
こんばんは。いつも拝見しております。壮年部の報恩です。奥の深いテーマを日常に絡めて、独自の飾らない文章で綴られるイクゾーさんの表現力に感心するばかりです。私も二人の子を持つ親として、とても共感を覚えます。これからも、熱い男が綴る記事を楽しみにしていますヨ。

Re: タイトルなし
イクゾー
potatoさま、お世話になっております。

> 家族を慈しむ思いが
> 周りの人にも波及する世の中にしていきたいです

口先で説く美辞麗句は並べど、
いざとなれば、これは本当に難しい事です。

ですが、実は誰もが身近にあること。

このギャップを埋める作業がいったい何であるのか?
いちばん分かっていたはずの方々が、
実は分かっていなかった…。

これが、あの某ブログ村での騒動の
根っこの部分だったのかもしれませんね。

あのときのpotatoさまのご主張には
私も心強かったです。
ありがとうございました。

Re: 最近の悩み
イクゾー
友さま、ようこそ。

どう呼ぼうかと困りましたよ(笑)
これからは、「トモさん」と呼びますからね。
嫌だったら他のHN考えてください(笑)

「おだまり!」の奥さまは、
今は「陽だまり」のご様子。
ご一家の太陽です。

大切になさらないと、バチあたりますよ(笑)




Re: タイトルなし
イクゾー
報恩さま、ようこそお越しくださいました。
あの時の報恩さまの書き込みには、ほんとうに感動しました。
言葉数だけ多いだけの私は見習っていかねばと思ったものです。

また、過分なるコメントに恐縮致しております。
お気づきかもしれませんが、
拙ブログでは、「あえて触れずにいる」ことがございます。
これみよがしに題材にすることを嫌い、
とあるカテゴリーへのポイントバナークリックも貼ることは致しておりません。
と同時に、拙ブログでは一遍の名前すら出てきません。

バンバン名前出して、かつ賛同を得やすいことを書いていれば支持も得やすいでしょう。
でも、それは本当は「看板」への無条件の評価あってのこと。
あえて私設ブログで取り上げて、連日褒めちぎってやることか?と疑問に思ったのです。

それよりももっと、自分の言葉で、自分の生活の中での事からの視線で、
看板に触れずにできること…、

これが拙ブログの挑戦でもあります。
今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。



チャトラ
イクゾーさん、こんにちは。
「誰かを潰す」、そういう自覚はなくても、そうなってしまっている事。自分もあります。
「○○のために」、そう思ったつもりでもです。

実は、妻や子供に取り返しのつかぬ事をしてしまった。そんな時期がありました。
その時期は、自分の心の痛み、苦しみしか見ていませんでした。
そんな自分の姿が、その後、子供たちの悪い面に全て出てしまったと、苦しみ続けました。
子供たちにあったはずの未来、希望を摘んでしまいました。
今は、罪の償いをしていきたいと、反省の毎日です。

三年半前の東日本大震災、それ以前、その後も、突然襲ってくる数々の災害等々。
たくさんのなにげなく、ありふれた日常が失われました。
そこから立ち上がる方々からも、未来を信じ、希望を持つことの大切さを教わりました。
そして、そんな境遇でも、自分のみならず他者をも励まし、希望を与える絆の心も。

なんていやな世の中なんだ・・・。そう思ってしまうことが多いですが、
自他共にお互いの希望・未来を大切にする心を紡いでいきたいですね。

またまた的外れのコメントで申し訳ありません。

追伸:私の拙いブログもご覧頂いているとのこと、また、リンクまでしていただき、
本当にありがとうございます。
更新頻度、内容ともにお粗末で、お恥ずかしいです。
イクゾーさんの明日への希望にあふれたブログも、是非、リンクさせてください。
よろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし
イクゾー
チャトラさま、こんばんわ。
引き続きのコメント、まことにありがとうございます。

結果的に迷惑をかけてしまった例は私にもあります。
自分の不甲斐なさにほんとうに情けなかったですし、苦しみました。
でもその時、良い結果こそなかなか出ず迷惑をかけたことは確かですが、
それでも必死になっている背中を家族は見ていてくれたですし、
結果が出た時はともに喜んでくれました。

と同時に、長い長い戦いの始まりでもありまして、
今もいくつかの苦労をかけております。
そんな今、家族は共同体なんだなぁと、つくづく思うわけでして、
けっして裏切ることはできない、との思いが私には強くあります。

おそらく…、いえ、必ずチャトラさまも、
けっして(相手を)「潰そうと思って」あるいは
(相手が)「潰れるかもと思いつつ」と思ってなさたことではないと思います。

ですし、その後の悔いと、償いを込めた新しい前進があるのですから、
その前向きな姿勢自体、ご家族にとっては何よりだと、私は思います。
たいへんなご苦労と御身のご負担を背負いつつ、必死になってらっしゃる姿は、
お子様たちへの無言の教育にもなることでしょう。

私どもにとって「希望の哲学」ですから、どんなことがあっても、
必ずその場が「何があっても壊されない希望の宮殿」(D誌10月号P.3)となりましょう。


さて、チャトラさまのBLOGですが、
拙BLOGとは桁違いの素晴らしいブログです。
写真も美しく、前進の息吹に満ちた輝きを放っておられます。

私なんぞが仮に参考にしようと思っても、決して真似のできない世界です。
リンクさせていただき、美しき花を添えるが如く「得」をするのは私です(笑)
拙ブログがいつまで続くかわかりませんが、終ゆく日までどうかリンクを続けさせてください。

一方、拙BLOGをそちら様側でのリンクについては、深く考えた末、どうか辞退させてください。

理由は先ず、リンク集を拝見させていただきましたところ、
私のような私設私論BLOGをリンクするには、あまりにも場違いな立派なリンク先の皆さま方であられること、がひとつ。

また、ふたつ目に、多少なりと「色」のついた思想色を伴うものであり、今後いらぬご迷惑をおかけするリスクは、なるべく背負っていただきたくないとの、私の強いお願いのもと、どうかご理解ください。
お気持ちだけで十二分でございます。本当に感謝申し上げます。

ただ、今後とも何かありましたらお叱りも含め、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。



御礼
チャトラ
イクゾーさま、こんにちは。
ご返事いただき、ありがとうございました。

やはり皆さんも、本当に大変な苦労をしていらっしゃるのですね。
私の場合は、振り返れば、何も言い訳のできないことでした。
でも、励ましていただき、胸が熱くなりました。大変勇気がわきました。
本当にありがとうございます。

大空に向かって凛々しく立つ、あのタプローコートのように、
心の中に「何があっても壊されない希望の宮殿」を築きあげたいです。

リンクの件は、承知いたしました。
勇み足でリンクさせていただいておりましたが、昨晩削除させていただきました。
大変申し訳ありませんでした。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

Re: 太陽
イクゾー
トモさん、こんばんわ。

灼熱の太陽… 
吹き出したコーヒー、どないしてくれますねん(;´∀`)

ところで、
イノチに響くというのは、理屈じゃないんですね。

覚えてらっしゃいますか?
「これぞ!というご体験、ありますか?」
この問いかけ。

答え、ちゃんとあるんじゃないですか?(笑)


男って、
「嫁、こどものため」、  これで十分じゃないですか?( `ー´)ノ


Re: 御礼
イクゾー
チャトラさま、
リンクしていただく件、嬉しかったのは確かです。
でも、WEB上の各所でモノ言う私には敵(?)が多うございます。
広く活躍の場を持たれているチャトラさまを巻き込むことは、やはりできません。
逆にお気を遣わせてしまい、申し訳ありませんでした。

あ、そうそう…
猫ちゃん、カワイイですね~(^○^)
うちは事情があって飼えないのですが、ほんとは三毛猫が飼いたいんです(残念)

東北の皆さまの心を癒す動物たちもまた、仏の使いなのかな…(^^ゞ









イクゾー
「Reコメント」ではないのですが、

私自身、件(くだん)のことは「記事として発信しない」と決めていることなので、
ここを使います。

某BLOGコメントに時折書かせていただいておりますが、
ここ数日は静観しております。
ですが、ほぼ毎日ROMしております。

言いたいことは山ほどありますが、
今は堪えて、自分の意見をまとめてみたいと思います。

まだまだ論点を履き違えしている方もおります。
また、私の申し上げたい事も、穿った見方でしか捉えられていない方もいるでしょう。

記事発信のあり方を自制しており、
これはひとえに「法を下げる」ことを懸念してのこと。

ですが、一方で頑なな論陣を張る勢力が幅をきかすことが続くようなら、
“出るところへ出る”決断(※)も必要になってくるかもしれません。

(※Sカテでの記事・参戦)





トモさんへ
イクゾー
よくよく読めば、
いただいたコメント後半は、かなりプライベートなことをお書きのようです。
このまま晒しておくと良くないと判断しましたので、
一旦、非表示にさせていただきます。
文意は、ちゃんと伝わっておりますので、ご理解(安心)ください。

いろんなあなた様を知るにつれ、嬉しいです。
私信(非公開)でも結構ですので、 また いらしてください。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。
potatoです
未来ある子供の悲惨な事件、胸がつぶれる思いです。


いつも拝見してました。
特にイクゾーさんの家族を愛するおもい、私も同じおもいです。


折に触れ自分の子供たちにする話は、
いじめとかの問題には、

「みんな誰にでも親はいる。
いじめられている子供が自分の子どもだったらどんなに悲しむか・・・
それを考えたら絶対にいじめはだめだよ」
と小さい時から話しています。
家族を慈しむ思いが
周りの人にも波及する世の中にしていきたいです


平凡な日々・・・を生きるためにみんな必死で生きている。
吉田山田の「日々」 いい歌ですね。
思わず涙・・・・・

また、コメントさせてください
2014/09/26(Fri) 18:39 | URL  | potato #2NU31nKA[ 編集]
最近の悩み
ま、何処の家でもそうでしょうが、我が家には暗黙の序列が存在します。
1位は嫁
同率2位が長女、次女。
私はナンバー4
あるいは、時により義母のあと、、、、、

つまり、3個パックの納豆が、いつまでたっても
まわってこないのです。。。。。。。。。
すいません。KYなコメントでした。

隣で嫁が、「おだまり!」といってます。
では、このへんで。
2014/09/26(Fri) 18:43 | URL  | 友より #-[ 編集]
こんばんは。いつも拝見しております。壮年部の報恩です。奥の深いテーマを日常に絡めて、独自の飾らない文章で綴られるイクゾーさんの表現力に感心するばかりです。私も二人の子を持つ親として、とても共感を覚えます。これからも、熱い男が綴る記事を楽しみにしていますヨ。
2014/09/26(Fri) 22:05 | URL  | 報恩 #ZG/28ktk[ 編集]
Re: タイトルなし
potatoさま、お世話になっております。

> 家族を慈しむ思いが
> 周りの人にも波及する世の中にしていきたいです

口先で説く美辞麗句は並べど、
いざとなれば、これは本当に難しい事です。

ですが、実は誰もが身近にあること。

このギャップを埋める作業がいったい何であるのか?
いちばん分かっていたはずの方々が、
実は分かっていなかった…。

これが、あの某ブログ村での騒動の
根っこの部分だったのかもしれませんね。

あのときのpotatoさまのご主張には
私も心強かったです。
ありがとうございました。
2014/09/27(Sat) 21:28 | URL  | イクゾー #-[ 編集]
Re: 最近の悩み
友さま、ようこそ。

どう呼ぼうかと困りましたよ(笑)
これからは、「トモさん」と呼びますからね。
嫌だったら他のHN考えてください(笑)

「おだまり!」の奥さまは、
今は「陽だまり」のご様子。
ご一家の太陽です。

大切になさらないと、バチあたりますよ(笑)


2014/09/27(Sat) 21:38 | URL  | イクゾー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
報恩さま、ようこそお越しくださいました。
あの時の報恩さまの書き込みには、ほんとうに感動しました。
言葉数だけ多いだけの私は見習っていかねばと思ったものです。

また、過分なるコメントに恐縮致しております。
お気づきかもしれませんが、
拙ブログでは、「あえて触れずにいる」ことがございます。
これみよがしに題材にすることを嫌い、
とあるカテゴリーへのポイントバナークリックも貼ることは致しておりません。
と同時に、拙ブログでは一遍の名前すら出てきません。

バンバン名前出して、かつ賛同を得やすいことを書いていれば支持も得やすいでしょう。
でも、それは本当は「看板」への無条件の評価あってのこと。
あえて私設ブログで取り上げて、連日褒めちぎってやることか?と疑問に思ったのです。

それよりももっと、自分の言葉で、自分の生活の中での事からの視線で、
看板に触れずにできること…、

これが拙ブログの挑戦でもあります。
今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。
2014/09/28(Sun) 04:55 | URL  | イクゾー #-[ 編集]
イクゾーさん、こんにちは。
「誰かを潰す」、そういう自覚はなくても、そうなってしまっている事。自分もあります。
「○○のために」、そう思ったつもりでもです。

実は、妻や子供に取り返しのつかぬ事をしてしまった。そんな時期がありました。
その時期は、自分の心の痛み、苦しみしか見ていませんでした。
そんな自分の姿が、その後、子供たちの悪い面に全て出てしまったと、苦しみ続けました。
子供たちにあったはずの未来、希望を摘んでしまいました。
今は、罪の償いをしていきたいと、反省の毎日です。

三年半前の東日本大震災、それ以前、その後も、突然襲ってくる数々の災害等々。
たくさんのなにげなく、ありふれた日常が失われました。
そこから立ち上がる方々からも、未来を信じ、希望を持つことの大切さを教わりました。
そして、そんな境遇でも、自分のみならず他者をも励まし、希望を与える絆の心も。

なんていやな世の中なんだ・・・。そう思ってしまうことが多いですが、
自他共にお互いの希望・未来を大切にする心を紡いでいきたいですね。

またまた的外れのコメントで申し訳ありません。

追伸:私の拙いブログもご覧頂いているとのこと、また、リンクまでしていただき、
本当にありがとうございます。
更新頻度、内容ともにお粗末で、お恥ずかしいです。
イクゾーさんの明日への希望にあふれたブログも、是非、リンクさせてください。
よろしくお願いいたします。
2014/09/28(Sun) 15:07 | URL  | チャトラ #xfH9rAAU[ 編集]
Re: タイトルなし
チャトラさま、こんばんわ。
引き続きのコメント、まことにありがとうございます。

結果的に迷惑をかけてしまった例は私にもあります。
自分の不甲斐なさにほんとうに情けなかったですし、苦しみました。
でもその時、良い結果こそなかなか出ず迷惑をかけたことは確かですが、
それでも必死になっている背中を家族は見ていてくれたですし、
結果が出た時はともに喜んでくれました。

と同時に、長い長い戦いの始まりでもありまして、
今もいくつかの苦労をかけております。
そんな今、家族は共同体なんだなぁと、つくづく思うわけでして、
けっして裏切ることはできない、との思いが私には強くあります。

おそらく…、いえ、必ずチャトラさまも、
けっして(相手を)「潰そうと思って」あるいは
(相手が)「潰れるかもと思いつつ」と思ってなさたことではないと思います。

ですし、その後の悔いと、償いを込めた新しい前進があるのですから、
その前向きな姿勢自体、ご家族にとっては何よりだと、私は思います。
たいへんなご苦労と御身のご負担を背負いつつ、必死になってらっしゃる姿は、
お子様たちへの無言の教育にもなることでしょう。

私どもにとって「希望の哲学」ですから、どんなことがあっても、
必ずその場が「何があっても壊されない希望の宮殿」(D誌10月号P.3)となりましょう。


さて、チャトラさまのBLOGですが、
拙BLOGとは桁違いの素晴らしいブログです。
写真も美しく、前進の息吹に満ちた輝きを放っておられます。

私なんぞが仮に参考にしようと思っても、決して真似のできない世界です。
リンクさせていただき、美しき花を添えるが如く「得」をするのは私です(笑)
拙ブログがいつまで続くかわかりませんが、終ゆく日までどうかリンクを続けさせてください。

一方、拙BLOGをそちら様側でのリンクについては、深く考えた末、どうか辞退させてください。

理由は先ず、リンク集を拝見させていただきましたところ、
私のような私設私論BLOGをリンクするには、あまりにも場違いな立派なリンク先の皆さま方であられること、がひとつ。

また、ふたつ目に、多少なりと「色」のついた思想色を伴うものであり、今後いらぬご迷惑をおかけするリスクは、なるべく背負っていただきたくないとの、私の強いお願いのもと、どうかご理解ください。
お気持ちだけで十二分でございます。本当に感謝申し上げます。

ただ、今後とも何かありましたらお叱りも含め、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2014/09/28(Sun) 19:16 | URL  | イクゾー #-[ 編集]
御礼
イクゾーさま、こんにちは。
ご返事いただき、ありがとうございました。

やはり皆さんも、本当に大変な苦労をしていらっしゃるのですね。
私の場合は、振り返れば、何も言い訳のできないことでした。
でも、励ましていただき、胸が熱くなりました。大変勇気がわきました。
本当にありがとうございます。

大空に向かって凛々しく立つ、あのタプローコートのように、
心の中に「何があっても壊されない希望の宮殿」を築きあげたいです。

リンクの件は、承知いたしました。
勇み足でリンクさせていただいておりましたが、昨晩削除させていただきました。
大変申し訳ありませんでした。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
2014/09/29(Mon) 17:12 | URL  | チャトラ #oM6tt0T6[ 編集]
Re: 太陽
トモさん、こんばんわ。

灼熱の太陽… 
吹き出したコーヒー、どないしてくれますねん(;´∀`)

ところで、
イノチに響くというのは、理屈じゃないんですね。

覚えてらっしゃいますか?
「これぞ!というご体験、ありますか?」
この問いかけ。

答え、ちゃんとあるんじゃないですか?(笑)


男って、
「嫁、こどものため」、  これで十分じゃないですか?( `ー´)ノ
2014/09/29(Mon) 23:19 | URL  | イクゾー #-[ 編集]
Re: 御礼
チャトラさま、
リンクしていただく件、嬉しかったのは確かです。
でも、WEB上の各所でモノ言う私には敵(?)が多うございます。
広く活躍の場を持たれているチャトラさまを巻き込むことは、やはりできません。
逆にお気を遣わせてしまい、申し訳ありませんでした。

あ、そうそう…
猫ちゃん、カワイイですね~(^○^)
うちは事情があって飼えないのですが、ほんとは三毛猫が飼いたいんです(残念)

東北の皆さまの心を癒す動物たちもまた、仏の使いなのかな…(^^ゞ






2014/09/29(Mon) 23:35 | URL  | イクゾー #-[ 編集]
「Reコメント」ではないのですが、

私自身、件(くだん)のことは「記事として発信しない」と決めていることなので、
ここを使います。

某BLOGコメントに時折書かせていただいておりますが、
ここ数日は静観しております。
ですが、ほぼ毎日ROMしております。

言いたいことは山ほどありますが、
今は堪えて、自分の意見をまとめてみたいと思います。

まだまだ論点を履き違えしている方もおります。
また、私の申し上げたい事も、穿った見方でしか捉えられていない方もいるでしょう。

記事発信のあり方を自制しており、
これはひとえに「法を下げる」ことを懸念してのこと。

ですが、一方で頑なな論陣を張る勢力が幅をきかすことが続くようなら、
“出るところへ出る”決断(※)も必要になってくるかもしれません。

(※Sカテでの記事・参戦)



2014/10/03(Fri) 19:29 | URL  | イクゾー #ax4px7aw[ 編集]
トモさんへ
よくよく読めば、
いただいたコメント後半は、かなりプライベートなことをお書きのようです。
このまま晒しておくと良くないと判断しましたので、
一旦、非表示にさせていただきます。
文意は、ちゃんと伝わっておりますので、ご理解(安心)ください。

いろんなあなた様を知るにつれ、嬉しいです。
私信(非公開)でも結構ですので、 また いらしてください。
2014/10/04(Sat) 18:18 | URL  | イクゾー #ax4px7aw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。