すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もういつの頃からか、今お世話になっている散髪屋さん(床屋)に通い始めて20年になります。
今の住み家に移る前からですから、引っ越して遠くになってもこだわって通っております。
勤め人ならとうに定年を越えたお歳のマスター。
私が通い始めたあの頃には幾人かのスタッフがいましたが、今はおひとりで切り盛りしておられます。
そして何より、新規顧客開拓には興味もないようで、
私のように長年通う固定客だけを相手に、「新規客はいらないよ(マスター・談)」と言います。
じゃ私も、「最後まで面倒みてよ、他所は行く気ないからね」と(笑)
たぶん、その刀尽きるまで…というか、ハサミ尽きるまでご縁は続くと思います。

マスターは昔ながらの職人気質で、カットしながらウンチクを語ります。
私も随分と、奥深い理容の世界を聞かされました。
今では自分のハサミを研ぐ人も稀だそうで、
刃物は違えど、かつて私の親父が語ることとの共通点が、
なんだか聞いていて「うんうん」と頷くことも多かったと思います。
私も子供のころから親父の道具(刃物)の手入れを見て育ちましたから。
「その人の道具を見れば、仕事ぶりが見えてくる。」
たしかに、そうなんだと思います。
私の職業には少し縁遠い話かもしれませんが、
やはり、そうしたマインドはどこかで活かしてゆけるものと、心にずっと備えております。

さて、そうした道具。 こと刃物の世界なのですが、
素人にはわからない、用途によって研ぎ方ひとつ違います。
そして何よりも、自分で研ぐからこそ少しでも切れ味が劣っていたらすぐさま研ぐそうです。
研ぎを外(刃物店)に出している人は、こまめに研ぎに出すわけにはいきませんから、
使うにつれて減る切れ味、つまり完璧な切れ味の満たないまま使い続けることになります。
したがって、その仕事ぶり(出来栄え)も、おのずと…。
最高の仕事とは、やはり「道具から」という理由はここにあります。

さて、その道具が用途に応じて微妙に違う…ということですが、
これはゴルフ道具のように、用途に分かれて別々のものがあるといった意味のことだけでもありません。
例えばこんな話も聞いたことがあります。
服飾業界における裁ちバサミでも、同じ形をしたハサミでありながら、
布帛用とメリヤス用とは研ぎ方が異なる(別けている)そうです。
今ではその違いすら分からない業界人も多いとか…。
どこにでもある時代の波と捉えるだけでいいのでしょうか?
何か大事なことが失われているような気がします。

理髪用のハサミ、服飾用のハサミ、あるいは料理人の包丁…
それぞれの仕事に合わせた刃物のみならず、
研ぎ方ひとつ、使うその人のスタンス、マインドが息づいているのですね。

私たちが人に出会い、語り、深め、結んでゆく上で、
このことが、何かのヒントになるのでは?
と、いろいろ考えておりましたら、
ある思想家がこんなことを言っていたのを思い出しました。

「全体人間たれ」

誤解なさるといけませんので注釈を加えますと、
これは全方向の人に、ということで
もの凄くカンタンに私の言葉に置き換えますと、
いろんな人の気持ちに深く理解できる人に、ということでしょうか。
なかなかハードルの高い理想なのかもしれませんが。

自分を先の道具、とりわけ刃物に喩えますと、(かなり無理のある喩えですね・笑)
一本気な切れ味ではなく
要所要所で、研ぎ方も変えてゆくことが、
「全体人間たれ」に通じてゆくのではないかな?と、ふと思いました。


。。。。。。。。


「おとーさん、早よ風呂入りー」

おっと、 うしろで女房殿が言っております(笑)

イクゾー、切れ味は竹光…、  いえハチミツ級の甘々です。
女房殿には敵(かな)いません。


そこの貴方と同じですね?(^○^)


 
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


友へ。
Against The Wind






スポンサーサイト

【2014/09/24 00:11】 | ◇日々徒然
|


チャトラ
こんにちは。大河さんのブログでは、何かとありがとうございました。

床屋さんのお話、髪を切ってもらっているイクゾーさんとマスターのご様子が目に浮かぶようで、
とても心が温まります。

そして・・・
“全体人間とは、いろんな人の気持ちに深く理解できる人”
とても心に響きました。

竹光ですか? いえいえそんな。
職業(職人)的マインド、そして道具を通してのお話の展開、素晴らしいです。
イクゾーさんは、いろいろな人の気持に寄り添える暖かな心を持ちながら、
とても切れ味鋭い方だと思います。

そんな視点で描かれた、8/31のエントリ「何を躊躇しているのだろう? 」。
私も障害を持つものの一人として、とても心強く拝見しました。
障害者も人それぞれとは思いますが、私は、一人で大丈夫な場面でも、
「何かお手伝いしますか?」と声をかけていただくだけでも、とても嬉しく思います。

後先になりましたが、素敵なブログタイトルですね。
これからも、イクゾーさんのエントリ、楽しみにしております。

Re:
イクゾー
チャトラさま、その節はお世話になりました。
過分なるお言葉、まことに恐縮いたしております。

このご縁から、チャトラさまの和みあふれるブログも拝見させていただいております。
勝手ながら拙ブログリンクさせて頂いております。

さて、以前、記事とは別の、視覚障がいをお持ちの方をエスコートしながら、
JRから私鉄の乗り換えをご一緒させて頂いた折、
「何か“これをしてもらうとありがたい”というような事はありませんか?」
と尋ねたことがありまして、すると氏は、
「助けてもらうというよりも、何か手伝いましょうか?と声をかけてもらうことが何より嬉しい」
とおっしゃっておられました。

拙記事では
とくに我々は綺麗ごとの「言うだけ番長」ではなく、
日常にいくらでもある出来事に気づくように、との思いの記事でした。

コメントありがとうございました。
チャトラさまのますますのご活躍を!



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。大河さんのブログでは、何かとありがとうございました。

床屋さんのお話、髪を切ってもらっているイクゾーさんとマスターのご様子が目に浮かぶようで、
とても心が温まります。

そして・・・
“全体人間とは、いろんな人の気持ちに深く理解できる人”
とても心に響きました。

竹光ですか? いえいえそんな。
職業(職人)的マインド、そして道具を通してのお話の展開、素晴らしいです。
イクゾーさんは、いろいろな人の気持に寄り添える暖かな心を持ちながら、
とても切れ味鋭い方だと思います。

そんな視点で描かれた、8/31のエントリ「何を躊躇しているのだろう? 」。
私も障害を持つものの一人として、とても心強く拝見しました。
障害者も人それぞれとは思いますが、私は、一人で大丈夫な場面でも、
「何かお手伝いしますか?」と声をかけていただくだけでも、とても嬉しく思います。

後先になりましたが、素敵なブログタイトルですね。
これからも、イクゾーさんのエントリ、楽しみにしております。
2014/09/24(Wed) 15:43 | URL  | チャトラ #cWcd8Id2[ 編集]
Re:
チャトラさま、その節はお世話になりました。
過分なるお言葉、まことに恐縮いたしております。

このご縁から、チャトラさまの和みあふれるブログも拝見させていただいております。
勝手ながら拙ブログリンクさせて頂いております。

さて、以前、記事とは別の、視覚障がいをお持ちの方をエスコートしながら、
JRから私鉄の乗り換えをご一緒させて頂いた折、
「何か“これをしてもらうとありがたい”というような事はありませんか?」
と尋ねたことがありまして、すると氏は、
「助けてもらうというよりも、何か手伝いましょうか?と声をかけてもらうことが何より嬉しい」
とおっしゃっておられました。

拙記事では
とくに我々は綺麗ごとの「言うだけ番長」ではなく、
日常にいくらでもある出来事に気づくように、との思いの記事でした。

コメントありがとうございました。
チャトラさまのますますのご活躍を!

2014/09/26(Fri) 05:30 | URL  | イクゾー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。