すぐ傍にあるしあわせ
とくにタイトルは考えなかったので、前記事の「続編」にしておこうと思います。


終戦記念日の前後---

お盆休みで余裕のある時間でしたので、
録りためていた録画や、もう一度観たくなって画面に向かいました。

いろいろと、あらためて考えさせられました。

(※後日、感想や所感を追記するかもしれません。時間があれば…ですが。)



少し手抜きかもしれませんが、Twitterでの投稿を貼り付けます。









反戦・平和は当然だけど、
その悲惨な結末が、どのように生まれたか?

「組織」の中に、その分析を怠ってはいけないと思います。



これは現代のあらゆる組織に通じるもの----

そう、思いませんか?



にほんブログ村




スポンサーサイト

【2016/08/17 00:01】 | ◇日々徒然
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可