すぐ傍にあるしあわせ
きっと、目的がはっきりしているんだと思う、そんな名前。
護るんだって、美を---。

そのためにあるんだよな、
あたりまえに見えて、そりゃそうだと気づかされた。

ゴミを「作っ」ちゃった僕が、捨てて身軽になるためなんじゃない。
公園が少しでもきれいであり続けますように-----
そこなんだ。


では、たとえば
なぜ「願い」(への祈り)を叶えたいのか?

僕のワガママのためじゃなく、
僕が何かを成し遂げるため。

だから、僕がしっかりしていなきゃいけない。
そのための、「願い」。

----ということに通じる。


がんばる。
今を。

護美箱。
(このネーミングセンス、ええなぁ。)


捨てさせてくれて、ありがとう。

こんどは、この僕のゴミ、
持って帰るからね-----。




バカな話かとお笑いください。

護美箱が ほほ笑んでいるかのようでした。


.........................................................................

【追記】

明けましておめでとうございます。
昨年は、よい一年の締めくくりができました。
ひき続き、気を引き締め、新年のスタートをきってゆきたいと思っております。
今年もよろしお願いいたします。
(-生蔵-・拝)



スポンサーサイト

【2016/01/04 01:00】 | ◇日々徒然
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可