すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、ドラマで  ( 「図書館戦争」 )
『正論は正しい。だが、正論を武器にする奴は正しくない。』
というセリフを聞いた時、 「ああ、これだ」 と思いました。

その時に「これだ」と気づいたのではなく、
最近、自分が言いたかった「ニュアンス」が、これに当てはまると思ったものです。


それは同時に、
過ちや失敗を「責める」よりも、「寄り添うもの」に通じます。

「何のための正論か?」
更には、「何のために正義はあるのか」を考えさせられるもの。
正論って、けっして「正義」には結びつかないのも確かです。

また、正論のために正論があるのではなく、
(つまり、例えば「組織維持」のためのものであったり)
「どうしたいの?」の答えの向こうに、
その「正論」が生きてくる。
それを生かさない「正論」であるならば、そんな正論なんて邪魔でしかないと僕は思うんだ。

だから、正論自体は手段のひとつであって、
けっして目的そのものではない。
正論をわかっているけれども、
それがその人を苦しめることだってある。
「正義」の目的がどこにあるか、しっかり見失わずにいたい。

そこから行き着くと、
アタックよりも、フォロー。
蘇生のプロセスは幾通りもある。

遠く離れた“演壇”から、
十把一束に正論をぶつけるのではなく、
膝詰めで、その人の重い荷物を支えてあげたい。

役割はいろいろあるかもしれないけれど、
僕は落ちこぼれた側、あるいは悩める側に寄り添い、
いっしょに這い上がってゆくほうを選ぶ。


バカには
バカの気持ち。
ろくでなしには、
ろくでなしの気持ちがわかる。

ああ、誰の事でもないよ、
どっちも、僕のこと(笑)


教科書にはない方程式を捨てないでゆく、僕は。




スポンサーサイト

【2015/10/12 16:16】 | ◇人生観・福祉共生
|


プリッツ
その人の心に寄り添うことは、相手の話を聞いて良さを認めていくことなんだと思います。
誰しも人間革命の途中ですから、失敗も過ちもありますよね。
相手を責めていくより、自分の境涯を高めていく…日々の信心ですね。
そうなると相手のことを、大きく包みこめるのだと思います。
私もそうなれるように、日々生命を強く磨いています。

私の地区では、今月2世帯のご本尊おくりが決まりました。他にも幾つか良い報告があり、その話を聞いてよしやるぞー!と波動が起きています。
地区で皆さんがお題目を送ってくれるので、すんなりと相手が動いてくれています。
たくさんの人の活動報告を聞けるので楽しいです。
今日の夜は、私も活動報告しました。
(私も仏法対話しています)
嬉しくなったので、コメントをさせて頂きました。

寒くなりました。
生蔵さん、風邪をひかれませんように。
ご家族のためにお仕事を頑張られて下さいね。















コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
その人の心に寄り添うことは、相手の話を聞いて良さを認めていくことなんだと思います。
誰しも人間革命の途中ですから、失敗も過ちもありますよね。
相手を責めていくより、自分の境涯を高めていく…日々の信心ですね。
そうなると相手のことを、大きく包みこめるのだと思います。
私もそうなれるように、日々生命を強く磨いています。

私の地区では、今月2世帯のご本尊おくりが決まりました。他にも幾つか良い報告があり、その話を聞いてよしやるぞー!と波動が起きています。
地区で皆さんがお題目を送ってくれるので、すんなりと相手が動いてくれています。
たくさんの人の活動報告を聞けるので楽しいです。
今日の夜は、私も活動報告しました。
(私も仏法対話しています)
嬉しくなったので、コメントをさせて頂きました。

寒くなりました。
生蔵さん、風邪をひかれませんように。
ご家族のためにお仕事を頑張られて下さいね。













2015/10/13(Tue) 22:01 | URL  | プリッツ #eHP7HEy2[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。