すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レール
二本のレールが果たす役割に、妻と歩む人生を重ねる---



こんにちは、 宮部蔵之介ブログです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。



昭和生まれで、根っからの浪速っ子、
大阪をこよなく愛してやまない、いたって普通の社会人、夫、父です。
現在、 50代を迎えました。


◆ひどい難聴で幾度も負けそうになったこともあります。
直接会話ならまだしも、第三者どうしの会話を正確に聞き取るのは厳しいです。

何が辛いかって、聞こえないこともさることながら
コミュニケーション上の誤解がほんとうに辛い。

補聴器は完璧ではありません。
よく、皆さんが誤解されるのは、
難聴にとって最も壁となることは、
「音量」の問題ではなく、「聞き取れるか」ということ。
いわば「判別」。

したがって、「ゆっくり喋ってもらう」ことが、いちばんありがたい。


◆眼もあまりよくないし、色覚異常で悔しいことも多々。

この色覚も、誤解や無理解が多いですね。
見えないことの仕組みが、まるで理解されていないことも多々。

何かと何かの色を使って、区別するような「表」なんかで、
【赤】と【緑】を組み合わせているなんて、最悪なんですよ。ほとんど判らない(笑)


紅葉の季節に生まれ、秋が大好きですが、
実際は紅葉の美しい色はまるでわかりません。

こんど生まれ変われるのなら、その美しさを観たり、
そして身体条件をクリアして、電車の運転士になりたいな(笑)


DSC_0080 - コピー
私と妻の散歩みち。


■お気に入り動画




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
■お気に入り動画




スポンサーサイト

【2021/03/11 00:00】 | *未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。