すぐ傍にあるしあわせ


上記は少し以前のTweetですが、
フリマ出店の一角に、障害者さんのブースが多々ありまして、
中には聴覚障害、あるいは聴覚と視覚の二重障害者さんのブースがありました。

フリマとしてのメイン商材は古書。 
しばし、足を止め、2~3冊物色。
店先に清涼飲料やビールなどの販売もやってるって感じ。

ちょうど昼食時だったんで、焼きそばと何かビールでもと思い、
近くに地ビールの大々的な出店(一般)があったのですが、これがまた高い(笑)
なんか一杯500円でアホらしくなったので、「缶ビールでいいや」と思いツカツカと寄ったのが、たまたまそこだったわけ。 

売り子さんも聴覚障害なんだけど、その奥に二重(盲ろう)障害の方が「釣銭係り」のような役目。
正直いって、売り子さんひとりで出来ること。 でも、少しでも何かに携わることが大切なんだね。
いっしょけんめいに手さぐりでお釣りを数えていらっしゃる。眼がしらが熱くなったよ。

なんとなくわかったみたいで、僕の補聴器---。
売り子さん、それに気づいたら、ちょっぴり悲しげな眼で見つめた。
僕? ぜんぜん大丈夫。
なんとか日常は暮らしている。
いろんなことはあるけど…。


『ありがとうございました』‐‐‐

いやいや、こっちが「ありがと」だよ。そう思った。
いろいろあって辛いこともあるけど、僕なんかマシだもん。
こうやって昼間っから祭りに来て、ビール飲んでるんだからね(笑)
どうせ買うなら、この人たちから買ってほんとうによかったよ。


ところで、たまたま録り溜めしていたTVドラマ「釣りバカ日誌2」を観ていたら、こんなCMが流れていて、
なんだか泣けてきて (バラエティ観ている途中なんだけどね) それをネットで探してみたら、これ。



図書館に通う少女と、女性図書館員とのふれあいを描く物語風CM。


特定の団体の機関紙CMではあるものの、完成度は高い。

観て頂ければべつに僕が解説しなくってもいいと思うんだけど、
最初、何のCMだか分らなかったんですよ。途中で「え?」となったんですよ。



少女は、とある図書館の常連さん。
図書館員の女性と少女とを繋ぐ「メッセージカード」。

あるとき、少女に付き添ってきたお母さんから「事実」を知る。
ひとり読み返す図書館員さん。想うことがあったみたい。
そして---

『ありがと』
『読書、楽しい?』
『たのしい』(手話)

コミュニケーションの、さらにその奥へ---





僕自身のこともあるし、
元々、子供たちのことは何につけ親目線になる性分だから。

うまく結論がでないけど、動画の感想は視た方々それぞれでいいと思う。
ただただ、大事にしたい動画だと思ったんだ。


お嬢ちゃん、 おっちゃんも本が大好きだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※おススメ 【重松清】
最近、 「ブランケット・キャッツ」がドラマ化されましたが、これまでにも「とんび」「流星ワゴン」もよかったですね。
「とんび」は拙ブログでも一度取りあげたこともあります。

クリック→ 
【切ない、どうしようもない感情が溢れる「重松清」の小説ランキング30作品!】


24冊から選ぶ!重松清のおすすめ文庫本ランキングTOP10


ブログ・トップへ


スポンサーサイト

【2017/06/05 00:01】 | ◇日々徒然
|