すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルを迷ったんだ。
タイトルが既にこの記事の結論。


---が、まだ伝えたいことがある。

先ず、この貴重な映像と、感動歌詞の動画をひとつ。




ある人が言ってた。
二万人死んだ・・・
違う、 「ひとりが死んだ」事件が二万件あったってことなんだ、って。

かけがえのない家族のひとりが亡くなり、
悲しみのどん底に突き落とされる・・・
そんな一つひとつの出来事を、「二万人死んだ」で束ねたくない。


この動画の、5分を過ぎた頃の一枚の写真を見てほしい。
実はこれ、新聞の記事になった写真だ。

幼い女の子が、自分で書いた一枚の傍で眠りについている。
読んでほしい。

そこには、「ままへ」で始まる----
この子の母親は、津波に流され帰っていない。
死の意味すらわからないこの子にとって、
ただひたすらに、母の帰りを信じ
母がいつも使っていた携帯電話を離さず、鳴るのを待っている。
「おげんきですか、いきているといいですね。」と結ぶ。

ひとつ
そして、またひとつ。
それぞれの物語が、何百件、何千件もの「ひとつ」なんだ。



どうしても親目線で見てしまう。
自分の命が散ることよりも、
残して逝くこと、
大切なものを断ちきられることの、
どうしようもない悔しさが、
きっとその子の親もあるんだとと思う。

突然の、何の前触れもなく。

誰しもが「日常」だったんだ。
その日常の上で、起こった出来事なんだ。


その「日常」の、やれることをやりたい。
自然災害だけじゃない。
突然の事故や、不注意、健康に関することだってそう。
だから、僕は自分の力でできることがあるなら、やるべきことをやる。
否、やらなきゃいけないんだ。
「必ず帰るんだ」----
そう、心に誓って。

僕はこの記事を目にして以来、
この切り抜きを、いつも仕事(通勤)の鞄に忍ばせている。
ほんとうの話だよ。
ほら、こうして今もある。 広げてみせようか。

P8030655.jpg


僕は毎日誓う。「必ず帰るから、無事故で」
いくつかの危険も伴う職業柄、無事故は勝ち取るものだと…。

できることは、
すべてやる。


誰だって無事に、
そして、
「あたりまえの毎日」がつづきますように-----。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


※再投稿
※ブログトップへ
スポンサーサイト

【2017/03/11 23:00】 | ◇人生観・福祉共生
|
時事、雑感。
先ずは某女性タレントが「出家」という、その出家先の教団の話から---。
主宰は大○総裁。「教祖」という位置づけだが、
特異なのは氏自身が事実上の「神」、 拝まれる対象だという事。
つまり、「現神人(あらかみびと」だ(そうな)。

たしか大○氏は東大卒、某商社マンを経て教団設立。
十数年前の話だが、入会に対し「ハードル」を設けていたと記憶する。
大○氏の著作を読んでレポートを課すというもの。
つまり、入会試験。
「そんじゃそこらの宗教とは違うよ」
「うちはインテリなんだ」…といわんばかりの説明があったように記憶する。
十数年前の話。

今はどうなっているかは知らない。
ただ、誰も彼もが「本を買えるのだろうか」という素朴な着眼点が抜け落ちている。
本来、人類救済というなら「本を買う」、あるいは「字が読める」という、経済的あるいは身体機能的にも(入会)ハードルを課すこと自体、宗教の風上にも置けない「上から目線」だと感じたし、「門前払い」もありうる。
これが皆さまにはどう映るだろうか。

その大○氏、「東大」をご卒業なさった背景に、今の感覚ではある程度の「家庭の経済力」がないと成し得ない。
また、その高学歴を殊更に強調していたのも気になる。
東大出身者はいくらでもいるが、そういう話ではない。
スタート時点における「格差」、つまり「教祖と信徒」という関係にある壁だ。

歴史上、高僧と呼ばれる名僧も、今でいう東大や公家武家の出であったりする。
仏像が「金ピカ」な理由も、遠い存在や格差があることを前提とした価値観である。
が、それに対し日蓮大聖人は真逆。そのような出身ではない。
そして池田先生も。

池田先生の出自に関し、ネットで邪推な憶測は飛び交っている。
が、仮にそのような出自であっても、それならそれで尚更である。
「人類救済」という、古今東西の宗教の本来あるべき大きな目的からすれば、
「救ってやる」ではなく、同苦と慈悲に満ちた行動に、「立派な出身」は不要である。

池田先生は公式には「富士短期大学卒」とある。
多くの学会員さんはご存じだが、それは、もともと苦学して得た学び舎の「のちの学校名」である。
同校設立後、〝卒業生〟であった池田先生に「卒業学位」を授けた。
先生は喜んでんでお受けになり、以後堂々と「同校卒」としている。

世の「名士」からすれば、「物足りない」とする感も拒めない。 が、「それでいい」。
苦労し、社会の底辺から生まれた人でないと、「人類救済」という大きな目的の道程に、 指導者本人そのものが耐えてゆけない厳しさが伴う。

かつて先生は夜間大学のメンバー「飛翔会」に大きな期待をよせてくれた。
「私も苦学した。皆さんは社会の柱になって頂きたい」(趣意)。
今も当時を思い起こすと涙が出る。苦しい時こそ、同苦の指導者の思いが心肝に染まる。


『苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へ、これあに自受法楽にあらずや、いよいよ強盛の信力をいたし給へ』
(日蓮大聖人御書全集・1,143ページ・四条金吾殿御返事)



その陣列は、次の、また次の世代へとつながる。
それが創価学会の強みである。
そこを外せば、創価学会に未来はない。----





なお、同御文には、こうもある。
『ただ女房と酒うちのみて…』

夫婦円満の秘訣は「思いやり」であろう。
苦楽を共にし、ともに歩んだ歴史。
「また頑張れる」----
その裏付けは、いつもその絆である。

世の男性諸兄、
感謝の言葉は必ず口に出すよう、お勧めする。

二本のレールが果たす役割に、妻と私の人生を重ねるーーー
二本のレールが果たす役割に、妻と私の人生を重ねる----




にほんブログ村
応援クリック投票、いつもありがとうございます。


※なお、文中に挙げた某教団の、現在の入会規定が設立当時と変化があったかは存じ上げない。
それにしては、とくに私から触れる予定もありませんが、記事主旨からは過去事例として取り上げた旨、続報の省略をご容赦願いたい。





【2017/03/05 13:00】 | ◇論壇・主張
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。