すぐ傍にあるしあわせ
さまざまな人々の尽力、
そして大統領の決断がこの広島訪問を実現した。---


オバマ大統領の広島訪問を伝える記事とともに、
大統領が発した核廃絶に向けてのスピーチを伝える記事も目立つ。

そこで、そのスピーチのどこに注目したかの
そういった意見をあまり見ないので、
私なりの注目部分を取り上げてみた。


『技術の進歩には、道徳の進歩が伴うべきだった。』

オバマ大統領のスピーチの一節だ。
この言葉に、人類の歩みへの大きな課題が読み取れる。


縁あってここをお読みいただいている皆様とともに
考えてまいりたい。






原始…
人類は 「道具を使う」 ということを自ら発見した。

“道具”は便利だった。
木を削り、火を起こし、そして狩りにも。

生活が豊かになった。

やがて、小さな集団の些細な対立に
武器として変化をも遂げていった。

人間が、人間を殺めるために
その「道具」が使われ始めた。

それら道具は、「武器」と名を変え、進化していった。

道具を生み出す「技術」が
やがて独り歩きを始める。

より強く、
より大量に。

コントロールを失った「倫理」(道徳)が、
技術を更なる「悪用」へと導く。

科学の発展、技術の進化は
いかようにも「変換」される時代になっているということ。





残念なことに、
否、現実には
武器開発で培われた技術が、民生へフィードバックされた例も少なくない。


遠くを爆撃するために、航続距離の長い航空機を生んだ。
その技術は、やがて世界の空を満たしてゆく。

嵐の海に着水できる軍用飛行艇が、
海難救助に大きな力を発揮。

こんなことは一例に過ぎない。


兵器が「使われ方」を変えることによって、
人類の希望へと変えてゆける。


----「科学技術」は何のためにあるのか?
永遠のテーマだろう。


が、今わかっていることは
人間のコントロールを遥かに越えてしまうような、高度な技術において

まさにオバマ大統領の言葉のとおり、
『技術の進歩には、道徳の進歩が伴うべきだった』 のである。





いわゆる「受験勉強」に強い人は多い。
大学、あるいは大学院にまで進み、高度な知識、科学技術の第一線に立つ人…。
 
数学、工学、物理、化学…、さまざまな「理系」の、最先端の技術が
人類の幸福へ貢献すべく、日夜、研究されている。

が、そこに

「理系」(自然科学分野)だけでいいのか?

昨今、国立大学において、文系学部の廃止を訴える論調もある。
文系は「もはや不要」とまで言われ、その存在価値を問われている。

ほんとうにそうだろうか?
理系(自然科学)だけによって成し遂げられるものなのか?

(文系の経済学部でも、経済理論を読むにあたり、本当は数学知識は不可欠なのだが…)



オバマ大統領が触れた、この(冒頭の)一節は、
端的に言えば、「偏った知識」 の危険性に通じるのである。


武器に「変化」する(させてしまう)科学技術のみならず、
たとえば、
遺伝子操作による生命倫理の問題など、
技術的に「できる」からといって、
「やっていいこと」とは、ただちに結びつけてはいけないものもある。

まさに、科学技術の軍事転用と同じ理屈である。


したがって、

今こそ、科学技術の発展にこそ、 (文系であるところの)「倫理」「道徳」が
ますます必要な時代なのである。


文系と理系----
この「分類」をこえたもの、
これ即ち、「リベラルアーツ」だ。

◇リベラルアーツ  ~核の「次代」へ 


人類の希望へ、

「人間」へ向きあう時代だ。










ぜひ、追記もご一読ください。
(↓クリック)
【追記】









【再追記】


真珠湾と広島を「同列視」する論調がある。

私は、「同じ」とも「違う」とも言わない。
なぜなら、論じる人によって分類の観点が異なるから。

ただ、

人には「消し難い記憶」があって、理屈(ここでは観点)を越えた「わだかまり」が存在するのも事実だろう。

それを乗り越えてゆけるのが、政治決断だ。
目的観がはっきりしていれば、できるはずだ、 安倍総理閣下。






にほんブログ村



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2016/05/28 10:00】 | ◇論壇・主張
|

No title
あべひ
現状はどうであれ、一国の代表者が先陣を切って「核」のない平和な
社会に言及したことが素晴らしいとおもいます。

Re: No title
宮部 生蔵
コメントありがとうございます。

いろんな注文をつける人もいますね。
それぞれに様々なお立場が
ありますので、
大統領に対して心ない難癖だけでは、前進のキッカケすら摘んでしまうと思います。

なお、何度か私が提起させていただいている「リベラルアーツ」ですが、
記事内リンクにある、拙過去記事で紹介している「全体人間たれ」の言葉に通じるものだと考えております。
その上で、その意図に気づいておられる方がいれば幸いです。



コメントを閉じる▲