すぐ傍にあるしあわせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過日、娘の卒業式に行ってまいりました。
三年間の思い出が詰まった学び舎、クラスメイト、恩師との別れです。
思い出しますね、私もあの頃を。


さて、この三年間、親の私も
幾度となく学校行事の見学に行きました。
私学ですので、在校生の親が参加する機会は多いようです。
学校と親の連携も何かとあります。
いろんな意味で、生徒を放置しないんですね。 本校の特徴でしょう。
ですので生徒の卒業は、私ら親にとっても何かと思い出の詰まったものとなりました。



実はわが子は三年前、
本校の入学式に参加していません…、転校生なので。

が、僅か一年(にも満たない)だけ、「他校」の生徒でした----。
悔しい出来事がありましてね。
あんな時、最終的に救うのは親しかいないと思いました。

察知した私の決断は早かったです。
時間が鍵を握ると思いました。
世間で起こる「それ」は、多くはその「時間」への認識の甘さからです。
取り返しのつかない出来事が起こってしまう要因は、すべてある意味「他人任せ」からくるものでしょう。
学校(前校)に対応を丸投げするだけではダメなのです。
こちらがどうするのか?その腹をくくることが大事なのです。

私は妻から、ある日の出来事を聞きました。
私が職場から帰る前でしたので、妻からの話です。
帰宅した娘の様子がおかしいので、察知した妻が「何かあったの?」と。
しばしの沈黙のあと、堰をきったように号泣した---と。
これら妻からの話も併せ、
娘から「これからどうしたいのか」という望みを聞き、
どの道がいちばんそれに近いのかを考えました。
その上で、こう言いました。

『“明日”はきっといい日になる』
『だから、きっと解決させる。』・・・と。
(大阪弁ですから、「明日は絶対にエエ日になるんや。」ですね)

これは、今、最高に充実した三年間の学校生活をおくった娘の、
そこにいたるまでの「軌跡」です。







私は受け入れ先探しに奔走しました。
せっかく合格して入った学校なんですがね。
お金もかかっています。
でも、そんなことはどうでもいいんです。
現実にあの時、我が子の「危機」でした。

これは逃げではありません。
いや、逃げていいのです。


『そんな逃げ癖がついたら、将来…』
こんなアホなきれい事を偉そうに言う人もいるようです。
ええ、どうぞ。あなたはそれで結構です。

ご高説は要りません。
これはある意味、現実に今起こっている「危機」なんです。
私の決断です。

まだまだ親の庇護がなければ・・・、
いえ、親が責任を果たさなければなりません。
決断を誤れば取り返しのつかない事態すらありえなくもありません。
庇護が必要な時期は、親の瞬時の決断、腹のくくりが大事だと私は思います。

『何の心配もない状況に戻せますか?』
『自信がなければハッキリ言ってください。』

私が前校に求めたのは即断即応と、確実な結果への学校としての腹のくくりです。
怒鳴りつけていません。抗議でもありません。
ただただ、対応(結果)への覚悟です。
自信がなければそれまで。それだけです。

その「自信」が感じられなかったので、私は即断しました。
転校させよう、って。

---ええ、たった二年半前 の話です。
今だから言えるんですけどね、こういった話。
そんなふうに見えなかったでしょ?(笑)




それからです、私がかつて存じ上げていた某校の校長先生にお会いしに行ってきました。
一連の事情をお話ししたあと、
にっこりと先生は

『きっとご縁があると思っていました』


私も「そのとおり」だと思いました。
こういう、ある意味ネガティブな出来事がキッカケではあるけれども、これが運命なんだと。

遠回りのように見えても、ここに行き着くための「意味」がある----。

私は常にそれを信じています。
漠然としたものではなく、確信です。
絶対に不幸になんかならない。
否、「してはならない」んだ…と。
誓願の祈りを込めた即断の行動の、あの一週間でした。


いろんな手続きに奔走し、打つ手一つひとつを誤らないように----。
わが子の一生を左右するものですから。

正直、経済的なことも簡単じゃなかったです。
これは受け入れ先がどうのこうのではけっしてなく、
やはり、もう一回、一から入学させるということは、かなりの負担がかかります。
本人の転入試験もあります。
慌しく、いろんな手順を踏んで、ようやく無事に新しい学校に進むことができました。


---そんなスタートだった学校生活。

最初は不安だったでしょう。
でもね、以前の学校だってすっごく不安だったのをパパは知っている。
緊張で胸が張り裂けようとしていたんだろうて。

転校する前、私は娘に
『その経験を活かせ』と言いました。
その意味は----

先ず、
『お前は絶対に悪くない』 と前置きしました。

次に、
これから転校するその前述の校長先生は、かつてこうおしゃっていました。

『イ○メは100%、やったほうが悪いに決まっています。
でも、イ○メをなくす努力や、崇高な教えがあっても
残念ながら、世の中には悲しくも、大なり小なりイ○メのようなものがあります。
社会に出て仕事に就けば、結果的にそういう厳しさに晒されることもあるのです。
ただ、そこで問題解決力を持つか持たないかで大きくかわります。
本校では、イ○メを出さない取組みは当然ながら、
それに加え、「問題解決」へのチカラを身に着けていただきます。』 (趣意)


※つまり私が思うに、「相手が悪い」(のは当然だけど)、「反語:自分は正しい」 で終わらず、
「猫足」のような着地力も同時に身に着けて、という事でしょう。

---その学校が掲げる女子教育について、娘が賛同したうえで、
お世話になることを決めました。
その上で…

『「後悔」(だとして)があったからこそ、気づいたことがお前なりにあったと思う。
だから、こんどはそこはきっとクリアできる。大丈夫。
だから、今回はパパが全てリセットしてあげる。負担をかけたなんて一切思わなくていい。
お前はやり直しができるんだ。
やり直しができるうちは、やり直せばいいんだ。
ただし、努力しなさい。それが教訓というもの。
あとは、存分に新しい学校を楽しめ。』



今思えば、
ほんとうに「頑張った」と思う。
見違えるように、のびのびと
そして花ひらいたと思う。

ついでに言えば、
私も妻も頑張った(笑)
かなり切り詰めて資金ぐりをしたからね。(これ、娘には内緒)

ともあれ、
お世話になった学校の素晴らしさをも再認識した日々でもあった。
従来の女子教育(本校は女子校です)に大きな一石を投じる教育方針---。
現在の校長先生がもらたしたものは計り知れない。
数年前、話をお聞きし、今ほんとうに「そのとおりだった」と、感服と感謝の念でいっぱいです。
大教育者だと絶賛したい。
そして、本校のますますのご発展を祈らずにいられない。
感謝してもしきれない素晴らしい学校でした。

同時に、クラスメイトの皆さんにも感謝申し上げたい。
転校生の我が子を、ほんとうによく受け入れてくださりました。
ありがとう、ほんとうにありがとう。



ことあるごとに、行事で感じたことは
クラスの皆さんたちは、「絆」や「かけがえのない仲間」といった言葉がありました。
それは単なるスローガンじゃなく、ひしひしと親の私が感じたものです。
生徒と生徒、そして学校と生徒の距離も短いからかもしれませんが、
最後の最後までその空気が満ち溢れていたように思えます。

世の中には、いろんな学校があって
それぞれに大事にすることがあると思います。
どれだけ凄い進学をしたか?とか、スポーツだとか、お嬢様教育だとか、伝統校だとか、いろいろです。
どれも「選べる」わけです。
人によって求めるものに違いがあって当然です。


「今、その時」に必要だったこと----

そこに、私と私の娘に「ご縁」がありました。
紆余曲折があったからこそ、そこに気づいたのです。

これからの人生のほうが、まだまだ続くわけですから、
よい選択になったと心から思います。



娘もよく応えてくれました。
頑張ったと思います。
ちゃんと「克服」もしてくれました。

転校の際、 前校で「足らなかったかな」って思えたことにきっちり向き合い、
その「自分自身の課題」について、きちんと掲げるように言ったつもりです。
十分に応えてくれました。
エライ子です(笑)
よくがんばった!


でもね、ほんとうはパパのほうも感謝したいんだよ。

元々、順風満帆で生きてないし(笑)
いろいろあったほうが、いろいろ学べる。
この三年間もまた、ほかのパパにはわからない事だって知りえた。

ひと口に、「女子教育とは~」だとか、「人間教育とは~」だとか
「子育てが~」とか、「イジメが~」とか・・・
そんなもの、自分で戦わなきゃ、腹の底からわかるはずがない。
所詮、そうでなきゃ、ただの教科書の出来事。
そんなことしているうちに、
打つ手をこまねいている間に
「取り返しのつかないこと」になってからでは済まないんだからね。

「即断」---

大事なことは、これが 「緊急救命」 だと認識すること!

時間とのたたかい。
これに尽きる。



そのベースにあるのは、
自らの体験からなんだよ。

私も「経験者」だからね。


◇ ◇


さて、このように、思い入れが大きくならざるを得ない「三年のしめくくり(=卒業式)」を終えたわけですが、
その次の話----。

見事に、志望進学先に、一発合格!(嬉)してくれました。
国公立の学校で、理工系です。
かなりの高倍率を突破してくれました。
これはこれでお見事。
よくやったと思うし、何より自分自身の「がんばり」の成果です。


余談だけど、

「がんばり」・・・
 頑張りでもなく、 (頑な?)
 顔張りでもなく、 (顔?自己主張?)
---やはり、
 「願い」を実現させる努力なんだし、 「願張り」(=願いを貫く)…かな?  (なんのこっちゃ)



ほんとうにおめでとう!
よかったね。

そして、ありがとう。




スポンサーサイト

【2016/03/13 10:00】 | ◇日々徒然
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。