すぐ傍にあるしあわせ
いつもご閲覧いただき、ありがとうございます。


削除前提の記事において、コメントを頂いた皆さまへは (公開/非公開ともに)
まず最初に、謝っておかねばなりません。

最近、いずれ近いうちに消える記事が多くありまして、
同時にコメントも見えなくなります。
心染み入るコメントをこんなに多く頂戴し、(公開/非公開)
感謝と同時に、申し訳なさでいっぱいです。

お言葉、消えは致しますが、
確実に、そして深く、
私のこの濁った生命に、皆さまの清く澄んだ思いが伝わっております。

一つ一つにきちんとお返事すべきところ、
消える記事での事でもありますし、躊躇しておりましたし、
元々、コメント返しが苦手なこともありまして…
(面倒なのではなく、ほんとに言葉がうまく伝えきれない。意外かもしれませんが。)

ただ、最近は
こんな私でも話かけてくれたり、気遣っていただけることへ、
私の中の何かが動き始めているような気がします。
すると、いろんなことが違って見えてきたのです。徐々に徐々に。

私は「イイ人」ではありません。
これは謙遜でも何でもなく、事実です。
自分可愛さ、家族可愛さに、責任や行動を起こしますが、ただそれまでです。
ありのままに言えば、自分勝手な奴です。

が、善友を持つと、だんだんと変化するものです。
多くの祈りに、ああ自分も支えられているんだなぁって。
傲慢だったのですね。
それを忘れ、自分こそが「与える側」だったと、勘違いしている自分がいました。

私も変わらねばなりません。
うまく言えないけれど、
たくさん、たくさん、今
思いを抱えております。

少しづつかもしれませんが、
一皮づつ、むけてゆけるような気がして…

感謝申し上げます。
皆さまのおかげです。
今、これだけはお伝えしたくて…
ありがとうございました。


スポンサーサイト

【2015/10/10 01:01】 | ◇ブログコミュニティ
|